女子アナ

岡副麻希、カーレース番組で魅せた「腰押され」「小刻み声」場面にファン悶絶

 夏でなくともこんがり焼けた肌と、ふんわり口調のギャップで多くの男性たちをキュンとさせているフリーアナの岡副麻希(29)。カーレース番組「SUPER GT+」(テレビ東京系)に長い間レギュラーMCとして出演しているが、去る7月18日の放送回では意外なこだわりの艶っぽ演出を見せ、ファンたちの”エンジン”もオーバーヒート寸前になったという。

 この日、岡副が任されたのは、筋力や動体視力など高い身体能力が求められるドライバーたちがふだんやっているトレーニングに挑戦してみようという企画。テーマは運転時にものすごいG(圧力)がかかる「首」の鍛え方であった。番組によると、レース中の首には日常生活の4倍ものGがかかっているという。また、登場したトレーナーは「首を鍛えるにあたって体幹が非常に大切」と述べていた。

 そんな同放送回で、岡副はタンクトップのスポーティーないでたちでトレーニングを待つ。時折、横からのカメラアングルで小高い胸元がズームアップされるが、そうこうしているうちに岡副の出番となりトレーニングに挑戦。バランスボールに横向きで寝っ転がるように乗り、ボールのラインに沿ってダランと横たわる上半身を、腹筋運動のごとく上げる動きを繰り返す。

 このダランとしている時、岡副のボディで“てっぺん”にある状態になっているのが、腸骨稜、と呼ばれる腰骨(骨盤)の先っぽ部分。クビレから腰骨の尖ったところまでのラインが美しく、先端は妙に艶かしい。と、次の瞬間、トレーナーの手が伸びて…。岡副ファンを自称する50代週刊誌記者が「私も見ていました」と興奮ぎみに振り返る。

「あのシーンは悶絶しましたね。トレーナーがそこ(腰骨の尖った部分)を手で押さえるんです。岡副ちゃんの先っちょを?と思うと、許せん!でも、うらやましい…そんな気持ちにさせられましたよ」

 そんなファンの羨望の念を逆なでするように、岡副はカラダを上げようとするたび、身をよじらせながら「アっ、アア、アーっ、アア、アア、アァ~っ」などと声を小刻みに出す。しかもいつしか、トレーナーは、彼女の両肩を両手でがっしりとつかんで支えていたのだ。

 トレーナーをうらやましがりすぎるあまり、「まぁ、これはこれでいいものを見た気がします…」と、前出の記者は力ない口調で振り返るが、ともあれ、最近はインスタでの艶っぽい姿などが話題になる印象の強い岡副がテレビで炸裂させた、ファンにとっては悶絶モノのシーンだったようだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
2
かまいたち山内が選んだ週刊少年ジャンプ「歴代最高マンガ」に同意の声続々!
3
新木優子、“8等身ボディ”写真でむしろ注目を浴びた「Bバスト」のカタチ
4
これが人気美女ベスト5人「美ボディ改造」最前線だ(2)新垣結衣は1日3リットル以上の水を飲み…
5
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(2)アイドルアナとして大ブレイク