スポーツ

掛布雅之「新外国人のゴメスがダメなら先発陣が崩れる」

 来シーズンに向けての各チームの戦力補強も、いよいよ大詰めとなってきました。阪神も韓国リーグから三星ライオンズの呉昇桓〈オ・スンファン〉、そしてメジャーからナショナルズのマウロ・ゴメスという外国人2人を獲得しました。

 これは、補強課題であった4番候補と抑え投手の獲得がかなった形。金本知憲、藤川球児というかつて阪神の柱であった人材の穴埋めに乗り出したわけです。

 呉昇桓は韓国で通算277セーブをあげた、いわばNO1ストッパー。前評判も折り紙付きの投手です。

 問題は、もう一方のゴメスです。彼の実力はまだまだ未知数。メジャー時代の成績だけでは、日本のプロ野球に通用するかどうかは正直わかりません。加えて彼は外角へのボールの見極めがあまりよくない。これは助っ人外国人としてはとても不安な要素です。

 というのも、メジャーは日本に比べ、外のストライクゾーンがボール1個分大きい。そのため、日本に来た外国人選手がまず苦しむのが外角の対応。ゴメスもシーズンが始まると、その壁にぶつかってしまう可能性は非常に高いのです。

 ただ、その一方で彼がバレンティンのようなホームラン打者に化ける可能性だって捨てきれない。彼が本当に阪神の4番となりうるのかどうか。これは、とにかくオープン戦での彼の活躍ぶりを見てみるしかありません。

 ただ、私がゴメス以上に心配しているのは、先発陣の不在です。今シーズンは能見篤史、スタンリッジ、メッセンジャー、藤浪晋太郎という先発三本柱+αというローテで、12球団でトップの防御率を叩き出しました。しかしながらこの秋、柱の一本であったスタンリッジ、先発への再転向が期待されていた久保の退団が決まり、阪神の投手力は確実にダウンしてしまっています。

 当然、来シーズンは能見、メッセンジャー、藤浪に加えて秋山拓巳、榎田大樹の2人が先発ローテを担うしかありません。けれど、彼らは1年間ローテを守った経験はないわけですから、シーズン途中にスタミナ切れを起こしやすい。そう考えると、来シーズンに向けて阪神は打撃を中心としたチーム作りをするべきなのです。

 秋山、榎田の調子を考慮すれば、1試合平均として最低3点をあげなければ勝ちにはつながらない。そこで重要となってくるのが、先ほどあげたゴメスの実力です。

 彼にはすでに球団も4番の席を用意していますし、彼が4番に座ることを予想しているファンは少なくないでしょう。けれど、伝統ある阪神の4番がそう簡単に務まるわけではありません。広島から移籍してきたばかりの金本も、いきなりの4番抜擢に「いや、それは」と断ったほどの重責がのしかかるのです。

 だからこそ、ゴメスの成績しだいで先発陣に大きな影響が出てしまうのも確か。彼が点を稼げないようなことがあれば、先発陣が軒並み崩れてしまう危険性もあるのです。幸い、阪神には打撃陣では西岡剛、鳥谷敬、マートンといった脇役は豊富にいます。来シーズンの阪神の戦いぶりは、このゴメスという4番がしっかりと打順にハマれるかどうかが鍵になってくるでしょう。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
のん“一日署長”姿がすっかり下ネタ扱い…「完全復帰」が実現しない残念現象
2
すみれがスカート奥見せ!太川&蛭子も暴走「旅バラ」再放送の注目ポイント
3
フジ渡邊渚、「柔らかそう!」絶賛の“Gバスト”爆揺れダンス生披露
4
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
5
「鶴瓶の息子」駿河太郎、2年以上の「ドロ沼裁判」急転和解の“ナゼ”