スポーツ

中田翔、「暴力移籍を美談に」を識者の激論を交え徹底追及“断罪”する!

 同僚選手への暴力行為で日本ハムから無期限出場停止処分を受け、わずか9日後に巨人へ移籍した中田翔(32)。さらにその翌日からシレッと試合に出たことで異論が噴出しまくっている。

 特に賛否を投げかけたのが、移籍後初本塁打を巡る各メディアの報道だった。8月22日の対DeNA戦、この日移籍後初スタメンで5番に座った中田が3点ビハインド、1アウト2塁の状況で迎えた7回第3打席の初球だった。

 マウンドの今永昇太(28)が投じた内角へのストレートを、中田は思いきり引っ張る。高い弾道の放物線を描いたボールは、コロナ禍でほぼ無人のレフトスタンド上段に突き刺さった。巨人はさらに、続くウィーラー(34)が2者連続弾を放ち、敗色が漂っていた試合を引き分けに持ち込んだのだった。

「この日は長嶋茂雄終身名誉監督(85)が球場に現れ、試合前に中田を激励する動画も公開されました。長嶋さんは『ジャイアンツが優勝できるように頑張って』と話し、中田とガッチリと握手。付き添った原辰徳監督(63)も『僕がミスターから教わったことをちゃんと教えます』と巨人流の指導を約束していました。翌朝のスポーツ紙では軒並み一面に、『御前試合』での本塁打が大きく取り上げられました」(球界関係者)

 それはあたかも、ベンチ裏での暴力行為という中田の「罪」がこの一発で帳消しにされたかのような称賛のオンパレードで、挫折した選手が新天地で活躍する、という美しいストーリーだけがクローズアップされる事態になったのだ。

 しかし、騒動発覚後の日ハムで中田はほぼ「クビ」の状態だった。そこには「一発退場」級の案件だったという可能性があるのでは…?

 詳細な説明を球団か中田本人が行うまで、プロ野球ファンのモヤモヤは晴れるとは思えない。8月31日発売の「週刊アサヒ芸能」9月9号では、今も球界を揺るがしている「暴力移籍」の深層を詳しくレポートするとともに、プロ野球ファンの識者が激論を交わしている。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」