スポーツ

中田翔、「暴力移籍を美談に」を識者の激論を交え徹底追及“断罪”する!

 同僚選手への暴力行為で日本ハムから無期限出場停止処分を受け、わずか9日後に巨人へ移籍した中田翔(32)。さらにその翌日からシレッと試合に出たことで異論が噴出しまくっている。

 特に賛否を投げかけたのが、移籍後初本塁打を巡る各メディアの報道だった。8月22日の対DeNA戦、この日移籍後初スタメンで5番に座った中田が3点ビハインド、1アウト2塁の状況で迎えた7回第3打席の初球だった。

 マウンドの今永昇太(28)が投じた内角へのストレートを、中田は思いきり引っ張る。高い弾道の放物線を描いたボールは、コロナ禍でほぼ無人のレフトスタンド上段に突き刺さった。巨人はさらに、続くウィーラー(34)が2者連続弾を放ち、敗色が漂っていた試合を引き分けに持ち込んだのだった。

「この日は長嶋茂雄終身名誉監督(85)が球場に現れ、試合前に中田を激励する動画も公開されました。長嶋さんは『ジャイアンツが優勝できるように頑張って』と話し、中田とガッチリと握手。付き添った原辰徳監督(63)も『僕がミスターから教わったことをちゃんと教えます』と巨人流の指導を約束していました。翌朝のスポーツ紙では軒並み一面に、『御前試合』での本塁打が大きく取り上げられました」(球界関係者)

 それはあたかも、ベンチ裏での暴力行為という中田の「罪」がこの一発で帳消しにされたかのような称賛のオンパレードで、挫折した選手が新天地で活躍する、という美しいストーリーだけがクローズアップされる事態になったのだ。

 しかし、騒動発覚後の日ハムで中田はほぼ「クビ」の状態だった。そこには「一発退場」級の案件だったという可能性があるのでは…?

 詳細な説明を球団か中田本人が行うまで、プロ野球ファンのモヤモヤは晴れるとは思えない。8月31日発売の「週刊アサヒ芸能」9月9号では、今も球界を揺るがしている「暴力移籍」の深層を詳しくレポートするとともに、プロ野球ファンの識者が激論を交わしている。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
加藤綾子「活動休止」で蘇る…女子アナ生活14年を彩った「男7人」との「本当の関係」
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
広島カープOBが佐々岡監督Bクラス辞任を「バッティングセンター状態だった」酷評
5
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇