スポーツ

中田翔、「暴力移籍を美談に」を識者の激論を交え徹底追及“断罪”する!

 同僚選手への暴力行為で日本ハムから無期限出場停止処分を受け、わずか9日後に巨人へ移籍した中田翔(32)。さらにその翌日からシレッと試合に出たことで異論が噴出しまくっている。

 特に賛否を投げかけたのが、移籍後初本塁打を巡る各メディアの報道だった。8月22日の対DeNA戦、この日移籍後初スタメンで5番に座った中田が3点ビハインド、1アウト2塁の状況で迎えた7回第3打席の初球だった。

 マウンドの今永昇太(28)が投じた内角へのストレートを、中田は思いきり引っ張る。高い弾道の放物線を描いたボールは、コロナ禍でほぼ無人のレフトスタンド上段に突き刺さった。巨人はさらに、続くウィーラー(34)が2者連続弾を放ち、敗色が漂っていた試合を引き分けに持ち込んだのだった。

「この日は長嶋茂雄終身名誉監督(85)が球場に現れ、試合前に中田を激励する動画も公開されました。長嶋さんは『ジャイアンツが優勝できるように頑張って』と話し、中田とガッチリと握手。付き添った原辰徳監督(63)も『僕がミスターから教わったことをちゃんと教えます』と巨人流の指導を約束していました。翌朝のスポーツ紙では軒並み一面に、『御前試合』での本塁打が大きく取り上げられました」(球界関係者)

 それはあたかも、ベンチ裏での暴力行為という中田の「罪」がこの一発で帳消しにされたかのような称賛のオンパレードで、挫折した選手が新天地で活躍する、という美しいストーリーだけがクローズアップされる事態になったのだ。

 しかし、騒動発覚後の日ハムで中田はほぼ「クビ」の状態だった。そこには「一発退場」級の案件だったという可能性があるのでは…?

 詳細な説明を球団か中田本人が行うまで、プロ野球ファンのモヤモヤは晴れるとは思えない。8月31日発売の「週刊アサヒ芸能」9月9号では、今も球界を揺るがしている「暴力移籍」の深層を詳しくレポートするとともに、プロ野球ファンの識者が激論を交わしている。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
職場に絶対いてほしくない!藤本美貴のモー娘。時代の「エゴまる出し」発言がリーマンから総スカン
2
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
3
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
4
「チッ、うっせ~な!」スノーボード國母和宏のふんぞり返り暴言三昧/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
ついに「エース交代」を明言!阪神のローテ再編が意味する岡田監督の重大な意図とは