芸能

沢口靖子を「科捜研」する(2)中国のトイレ事情に四苦八苦

 そんな沢口をさらに“科捜研”してみよう。

 沢口はお姫様の芸能プロといわれる「東宝芸能」に所属している。84年、「東宝シンデレラ」オーディションが開催されたが、その第1回を見事に勝ち取ったシンデレラ女優。当時を知る関係者が振り返る。

「彼女は大阪府堺市の出身で、言葉は泉州弁です。オーディションの時も質問に答えた沢口はメッチャ訛っていて、『この子、大丈夫か』と思ったほど。デビュー当時に出身校を聞かれた時は『与謝野晶子が(高校の)先輩です』と答えたので、かなり天然かなという気がしました」

 天然キャラのことは自ら「そそっかしくて天然で慌て者」と語るほどで、エピソードには事欠かない。NHK「あさイチ」に出演した時のこと。井ノ原快彦(45)をアナウンサーと勘違いしたことや、また、高畑淳子(66)には「芯の強い宇宙人」と評されていること、などなど‥‥。

 女優としては当初は素人丸出しで大根呼ばわりされ、ドラマで共演した加賀まりこ(77)に厳しく鍛えられたともっぱら。デビュー当時を知る元東宝芸能のマネージャー、ゴージャス松野氏はこんな見上げたプロ根性を覚えている。

「東宝芸能はお姫様集団と言われますが、躾には厳しい。沢口もドラマ出演の時はきちんとセリフを覚えてきました。新人時代に日中合作のドラマに出たことがあります。中国で行われたロケは当時、トイレ事情がひどくて、ドアなんかない丸見え、しかも不衛生でしたが、沢口は文句一つ言わなかった。食事も油がきつくて、大人でも数日でグロッキーになるのに、『私は大丈夫』と平気な顔をしていました」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ケガ離脱中」巨人・坂本勇人復帰後の「取り扱い」を原監督が明言した
2
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!
3
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
5
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」