芸能

Fバスト人気艶系女優、アエぐ「昔話」読み聞かせへの“デジャブ”指摘とは?

 昨今、なかなか寝つけない人が多いのではないかと、バストFカップの人気艶系女優が、みずからのYouTubeチャンネルで、童話の読み聞かせを艶やかに披露。すると、視聴者の反応は〈シリーズ化決定ですね!第2弾こうご期待!〉〈おもしろすぎて寝れんわ〉〈笑いが止まらなくなった〉など、意外にも笑いを誘われ、早くも続編を切望するコメントが散見された。その中身とは?

 この「Fバスト」人気艶系女優は、深田えいみ。彼女のYouTubeチャンネル〈深田えいみ/Eimi Fukada〉の9月8日投稿回がその読み聞かせ動画だ。選ばれた童話は「桃太郎」。時折、「ああ…」「はあ…」と喘ぐなど、艶っぽく、感情豊かに読み上げるものの、あくまで、お話に沿っていた深田。

 しかし「桃太郎はスクスク育って」のくだりを、「桃太郎はムクムク育って」とアレンジしたあたりから様子は変化…。猿、犬、雉のセリフにも“家来になる”というところを別の過激な言葉に、退治された鬼の親分のセリフ「まいった、まいった、降参だ、助けてくれ」を「もう出た、もう出たよ、降参だ、助けてくれ、これ以上、出さないでくれぇ、アハア~!」と、悩ましく艶アレンジ。最後は、読み上げた深田が思わず吹き出して白い歯を見せる一幕となった。

 視聴者からは前出のコメントのほか、バラエティに富んだ内容を称賛するコメントが相次いでいた。また、〈なんかバカ殿で壇蜜がこういうのやってた記憶ある〉というものも。そんな“デジャブ”な記憶も交えながら深田の艶っぽい語り口を聞けば、楽しさも倍加するのかも!?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
加藤紀子の横バスト写真が艶すぎ!“蛭子能収も惚れたFカップ”が進化したッ
2
江川卓が「不思議でしょうがない」首を傾げる大谷翔平のプレースタイル疑問点
3
藤原紀香、ドレス胸元から“Fバスト渓谷”魅せ!深さと長さに過去最高の評価
4
前澤友作との交際報道で梅村妃奈子ファンの間で飛び交った“冷ややかな納得”
5
石川佳純のニット姿がキュートすぎ!引き締まったボディの“バスト変化”とは