芸能

人気女子アナ「最新バチバチ相関図」をナマ公開(2)NHK・桑子真帆&和久田麻由子に割って入る伏兵

 東京五輪という大イベントを終えて、NHK内では女子アナのパワーバランスに大きな変化が見て取れた。NHK局員が明かす。

「コロナ禍で1年延期となりましたが、開会式は和久田麻由子アナ(32)、閉会式は桑子真帆アナ(34)の両アナが担当することは当初から決まっていました。特に開会式は最大の見せ場で、事前の情報が少ない中、長丁場のアナウンスをしっかりこなした和久田は、名実ともにNHKのトップアナに上り詰めたといっていいでしょう。一方の桑子も言い間違いが目立ったものの、持ち前の明るさで無難に乗り切りました」

 桑子アナは東京オリンピック終了後の9月1日に俳優・小澤征悦(47)と入籍。この電撃婚で局内をザワつかせたが、

「なにしろお相手は“世界のオザワ”のご子息。局内では明るいニュースとして好意的に受け入れられています。紅白の司会を巡る和久田アナとのライバル関係はしばらく続きそう。2人ともパラリンピック終了後に夏休みを取りましたが、コロナ禍で遠出はできず、『子作り休暇』と揶揄する声も上がっています」(NHK局員)

 ここにきて、NHKの人妻2トップに割って入る伏兵アナがにわかに脚光を集めている。

「18年に『サンデースポーツ』を降板して以降、スポーツの現場から離れていた杉浦友紀アナ(38)が東京五輪の中継キャスターとして復活。ショートカットにして大胆にイメチェンしましたが、NHKイチと言われる巨乳は相変わらず健在。面白くないのは現在の『サンデースポーツ』担当の副島萌生アナ(29)。ベテランの杉浦に活躍の場を奪われたのが悔しくて不満気な様子。世代交代を狙っていただけに、本人のショックは大きいようです」(NHK局員)

 目指すは紅白歌合戦のステージだ。桑子アナ、和久田アナ、杉浦アナの人妻三つ巴合戦はますますヒートアップしていくか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
爆弾投下で朝ドラ降板も!浜辺美波を襲う「男スキャンダル」大暴露予告の心身異変
2
本田望結が“オトナ”を意識し始めた?海辺の強調ボディ「ビックリ成長具合」
3
水着写真で判明!藤田ニコル「おマタの膨らみ」に向けられた「アノ疑惑」に出た結論
4
松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論
5
浜崎あゆみ、ロケットパイが凄い!Fカップ以上?ド強調の膨らみが大注目