芸能

ほんこんが憤慨した“女子アナのイジメ”、関連が指摘された日テレの番組とは?

 お笑いコンビ「なすなかにし」(中西茂樹・那須晃行)が、9月26日放送の「マルコポロリ!」(関西テレビ)にゲスト出演。女子アナからのイジメを受けた経験を告白し話題となっている。

 2人は2008年に東京に進出しているが、その当時について中西が、「僕これ初めて言いますけど、女子アナに結構イジメられました」と打ち明けたのだ。

 これに出演していたほんこんが「どういう嫌がらせなん? 言葉なん?」と聞くと、中西は「例えば楽屋でも出演者の方にコーヒーとか女子アナの方が入れるんですけど、僕らにだけ『自分らで入れてくださいね』みたいな」と説明。ほんこんが「ノリじゃなく?」と重ねて聞くと、「ノリじゃなく、ほんとにそう」と証言したのである。

「これに、ほんこんは『誰や?名前出せや!そんなやつ葬ったたらええねん!』、『コンプライアンスや何や、テレビで言うとるヤツがそんなんしたらアカンやん!』と憤慨。那須は『周りが、僕らの扱いがそんな感じやから一緒になってやってきたという感じ』と当時の状況を説明していました。さらに中西によると、番組出演者の自宅でのパーティーに誘われた際、その女子アナから長文のメールが届き、『今から言うやつを買ってきてください』などと指示を出され、『氷とか全部バーっと書いてあって、あと西武百貨店でオリーブを買ってきてくださいみたいなことを…。 当時、お金もないのに、僕、1万円ぐらい出して買って行った』と、驚きの告白までしたんです」(テレビウオッチャー)

 中西は「つらかったですね。そんなことまでせなあかんのやって。ガマンして喜んでオリーブオイル買ってきましたけど」と語り笑いを誘ったが、ネット上ではこの女子アナは誰かという“犯人探し”が勃発。

「この“イジメ話”は、なすなかにしが東京進出後、『PON!』(日本テレビ系)に出演していたという流れから飛び出したので、当時、番組に出演していた女子アナの名前が飛び交っているようです。ただし、2人にとって苦い体験ではあるものの、“女子アナがコーヒーを入れる”という固定観念自体、今の感覚では批判の対象になりそうな気もしますね」(芸能ライター)

 その女子アナ側も、たくましいと言えるかも!?

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
坂本勇人スキャンダルでも懲りず…巨人「女性暴行」メジャー追放投手を獲りたいって!?
2
「松本人志はすでに終わっている」ケンコバ元相方が痛烈コキ下ろしの「分析力」
3
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
4
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
5
「日本ハムは今年も最下位になる」高木豊のダメ出しVS新庄監督…ガチンコ激突の行方