スポーツ

日本名輪会・山口健治の「江戸“鷹の目”診断」郡司が通信社杯8着の雪辱を果たす

【「平塚記念」ヤマケンが注目する「決勝戦進出」有力候補12人!】◎郡司浩平/○新田祐大/▲清水裕友/△稲川翔/和田健太郎/小倉竜二/松坂洋平/鈴木庸之/小松崎大地/和田真久留/古性優作/森田優弥

 苦戦が続いていても、戦法に少し幅を持たせるだけで一変することがある。

「平塚記念」(9月30日【木】~10月3日【日】)は、GII共同通信社杯の決勝戦で戦ったSS班3人が、舞台を変えて主役の座を争うことになりそうだ。

 本命には南関のエース、郡司浩平を推す。4月川崎記念以来、優勝していないものの、常に決勝戦に乗っているように安定感は群を抜く。ラインが長くなるのは有利。中団まくりで通信社杯8着の雪辱を果たす。

 対抗は新田祐大。本命視された通信社杯は4着。絶好の展開になりながらも敗れたのは、番手戦が得意ではないから。郡司よりも先に仕掛けて逆転がある。

 あとは通信社杯7着の清水裕友と、競ってでも好位を取る稲川翔の一撃を警戒したい。

 11年に同舞台を制した松坂洋平が好調だ。FI戦とはいえ6月松阪で優勝し、通信社杯も後半2連勝と気を吐いた。今回は弟で弟子の侑亮(115期・S2)も参戦する。郡司の番手は誰もがうらやむポジション。印は回らなかったが、表彰台に上るチャンスだ。

 グレード戦で苦戦している森田優弥は、先行一本から戦法に幅を持たせる時期がきているのではないか。ヨコの強さとイン粘りもできる器用さを生かせば、まだまだ伸びるはずだ。

【大穴この1車】

 近藤隆司(千葉・90期)。

 特選スタートのFIで、8月は京王閣(【7】【2】【3】)の準決勝が1万2550円、決勝戦は4万超。その次走の函館(【4】【2】【7】)準決勝は6万超だった。GIIIでも5月函館最終日1着が1万9150円、6月松山2次予選2着が3万超だったように、レースの格にかかわらず、初日はあまり車券に絡んでいない。まくりも打てる自在脚のスロースターターが爆発するのは、2走目か最終日だ。

【狙い目の伏兵3人】

 嶋津拓弥(神奈川・103期)は、4場所前のFI岐阜で完全優勝している。その後やや不甲斐ないレースが続くが、ホームバンクのここで一変する。

 朝倉智仁(茨城・115期)で忘れられないのが、2月いわき平記念(【3】【4】【2】【5】)。今期は2班降級も主導権は必ず取る。マイペースから押し切りがある。

 昨年末に特昇した鈴木陸来(静岡・117期)が前々走の富山(【1】【1】【7】)で、初のファイナリストになった。その前走は小田原記念(【3】【3】【4】【9】)と準決勝に進出したように、S級の流れに慣れてきている。初日は1着から手広く流したい。

山口健治(やまぐち・けんじ):1957年1月、東京都荒川区生まれ。競輪学校38回生卒業チャンピオンとしてデビュー。主なタイトルは日本選手権、競輪祭(2度)。09年1月引退。現在「スポーツ報知」評論家。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
森七菜、新CMで見せた“まん丸お椀型Eバスト”躍動に垣間見える「覚悟」
2
小泉今日子「略奪愛&政治色」を払拭する「桃色ステージ」(1)復活に水を差す不貞の代償
3
元巨人スコアラーが明かした松井秀喜の「不器用」と高橋由伸「無冠」の理由
4
宇垣美里がガチで狙われていた?ピスタチオ小澤、嫁との交際を拒んだ仰天理由
5
人気局アナ「No.1アイドル争奪」下剋上バトル勃発(2)日テレ・市來玲奈と岩田絵里奈に不仲説?