スポーツ

「落合さんの言うことを聞いておけば良かった」あの日ハムOBが動画で“猛省”

 プロ野球OBが1300人所属している「プロ野球OBクラブ」のYouTubeチャンネル〈プロ野球OBクラブチャンネル〉に、日本ハムファイターズ一筋の元プロ野球選手の広瀬哲朗氏が出演した(10月15日付)。

 広瀬氏は1985年にドラフト1位で日本ハム入団。93年に初の3ケタ安打を放ち、念願のオールスターゲーム初出場を果たしている。

 その際、ボテボテのショートゴロも一塁に全力疾走し、ヘッドスライディングでヘルメットを飛ばし、ファンを沸かせたそうだが、そこで、当時、一塁を守っていた中日ドラゴンズの落合博満氏の言葉にカチンとしたという。しかしながら、「今思えば、もっと落合さんの言うことを聞いておけば良かった…」と、同投稿回で後悔の念を漏らしていた。

「おめえ、バカか。一塁にヘッドスライディングしてケガでもしたらどうするんだ?」

 それが落合氏の言葉だったという。広瀬氏は、「は?何言ってるんだ?」と反発を覚え、当時は理解できなかったと振り返った。

 そして、後の97年、落合氏は日本ハムに移籍してきた。すると落合氏は、お互いにいい年だからと、のんびり調整して開幕に備えようと声をかけてきたとか。しかし、ここでも広瀬氏は耳を貸すことなく、レギュラーの座を奪われないようにと躍起に練習したという。

 ところが、その練習しすぎが響いたようで、故障で早々に戦線離脱。翌年は1軍での出番はなく、結局引退に追い込まれた。今思えば、レギュラーにこだわり過ぎず、長く現役生活を続けられるようにと…ゆえに、落合氏の言うことを聞いておけば良かったと、広瀬氏は苦笑したのだった。

 確かに、現役時代、ケガを覚悟した「必死」な印象は無かった落合氏。唯一、94年5月18日、巨人の槙原寛己氏(当時)が達成した完全試合において、27個目のアウトを取りに行ったファウルゾーンの飛球処理は、「らしくない」プレーだったか。さすがの落合氏も冷静ではいられない緊迫ゲームだったのだろう。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
今田美桜、吉岡里帆を圧倒した「ジャンボなバスト」CM映像が話題沸騰!
2
木南晴夏、インスタの水着姿で再注目された「意外に豊かなバスト」!
3
本田真凜、新CMメイキング動画で判明した“重量級バスト”の存在感
4
有村架純、「前科者」風呂シーンで見せた“マッパ美ボディ”にファン歓喜!
5
ぺこぱ、“鉄道寄り道旅を太川&蛭子から継承”で「のしかかる重圧」と「期待」