社会

被災地を無視した震災復興予算の流用実態に迫る(2)

 12年秋には国会で、当時の野田政権に対して多くの流用問題が指摘された。ある現職国会議員が振り返る。

「農水省では調査捕鯨の支援に使用されました。当時の民主党・農水大臣は『鯨肉が石巻周辺に供給されている』と苦しい答弁をしましたが、反捕鯨団体である『シー・シェパード』の対策にも使用されていたのです。また、法務省では、刑務所で使用するミシンなど洋裁機器の購入に使用され、法務大臣は『原発の防災服や仮設住宅のカーテンの増産受注がある』と答えました」

 文科省において、復興予算は核融合エネルギーの研究費や国立競技場の補修に流用され、財務省では、なんと東京などの税務署の改修費にも使われていたのだ。

「経産省は『定置用リチウムイオン蓄電池導入支援事業』に使用していました。しかし、内情は計画停電対策で大容量の電池を購入した家庭・事業所などに購入費の3分の1を補助する事業です。しかし、計画停電は12年度には行われていなかったのです」(前出・国会議員)

 有名無実の予算流用は中央省庁だけにとどまらなかった。東京都や千葉県では、駅やバス停を外国語表示にする事業にさえ復興予算が使われたのだ。こうしたことの批判もあり、民主党は政権の座から陥落した。しかし、安倍晋三総理(59)に変わったあとも次々と流用が明らかになっていったのだ。政治部記者が語る。

「特にひどかったのは、厚生労働省が担当する雇用対策事業でした。この事業で雇われた約6万7000人のうち被災者はたった3%ですが、数字ばかりでなく内容もひどいものでした。約2000億円もの費用が投じられた事業の中で、鳥取県では『ご当地アイドルのイベント』に使われ、鹿児島県では『ジャンボタニシの駆除』に使用されました。『ウミガメの保護観察』と名付けられた事業もありましたが、実態はただウミガメの数を数えるだけのものでした」

 兵庫県では神戸マラソンの警備員の雇用や、ニホンザル被害を防ぐための監視員などとしても流用されている。調べると、あいた口が塞がらない数々の事業があることがわかる。いまだ復興が進まない被災者たちにとっては、怒りで暴動が起きてもおかしくない内容だと言えよう。

 昨年5月9日には、ついに菅義偉官房長官(65)が会見でこう激怒したのだ。

「復興の基金は復興のために使うのが政府の基本方針だ」

 流用問題が発覚した場合は、予算の執行停止も辞さないということだが、検査院の調査ではすでに1.3兆円余りの復興予算が被災地とは無関係に使用されてしまったことが明らかになっている。安倍総理はこのケジメをどうつけるのか。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
2
注目はF胸だけじゃない!土屋太鳳、同性人気も集めた“開き直り肌見せ戦略”
3
フリー転身も間近?TBS宇垣美里、先輩・田中みな実を超えた「名艶技」!
4
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
5
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”