芸能

おぼん・こぼん 不仲の原因はこぼんの「変なライバル心」

テリー そもそも、なんでそんなに仲が悪くなっちゃったの。

こぼん やっぱり変なライバル心があるんじゃないですか。

テリー あ、そうなの?

おぼん 俺は今、彼の口からライバル心って初めて聞きましたけど。すごい、ありますよ。俺はないけど、この人からはすごい感じます。何かにつけて、すごいライバル視してるなと。特にプライベートで。

こぼん プライベートは全然関係ない。やっぱり仲がいいだけじゃできない仕事ってあるじゃないですか。何かひとつのモノを作るにしても、ライバル心、ありません?

テリー うーん。若い時ならわかるけど、ある程度の年齢になると、なくなってくるとは思うけど。

おぼん 僕はいっさい、この人に対してライバル心なんて感じたことがないです。

こぼん 人じゃなくて、要するに漫才の関係として。

おぼん 俺はライバル心はないですけどね。俺がこの人に感じるのは、対人関係がそうですよ。俺にはいっさい言ってくれないですもんね。例えば浅草に昔から芸人が行ってる飲み屋があって、人から言われるわけですよ。「いつもこぼんちゃんも来て、みんなでワイワイやってるけど、おぼんちゃん、なんで来ないの?」「いや、俺その店知らないもん」「だってこぼんちゃんずっと来てるよ」って。その時まだケンカも何もしてなかったけど、一言ぐらい言ってくれりゃいいのに、やっぱり俺が行くと、こういう性格だからかき回すじゃないですか。そういうのがうっとうしいのかもしれないけど。

こぼん それもあるけどね。でも、プライベートはまぁ、いいじゃないですか。

テリー それは、俺はこぼんちゃんの気持ちわかるな。

おぼん でも「なんで言ってくれないの」っていうのはありますね。

テリー これからまた2、3回大ゲンカするの?

おぼん あんたいい加減にしなさいよ(笑)。

こぼん ちょっと人気がなくなってきたらケンカして、またナイツけしかけてね。

テリー やりたいよね。ナイツに電話して「ちょっと頼むよ」ってさ。「車買いたいから」って。大仁田厚とかさ、もう7、8回引退してるじゃないですか。

おぼん シャープス&フラッツさんの解散コンサートみたいな。「これが見納め解散コンサート」って10年以上やってましたから。

テリー それと一緒で、おぼん・こぼんの仲直り芸っていうか、ケンカ芸というかさ。今まで日本にないジャンルですよね。コンビ仲が悪いっていうのは、普通、今まではひた隠しにしてきたんだから。

おぼん それ、発想がB&Bの島田洋七と同じですよ。電話かけてきて、「仲悪い、仲悪いでずっとやってりゃいい」って。「それで10年もつから。どうせ、もう10年も生きないんだから」って。

テリー 楽屋にカメラを置いといてもらってモメてる映像を流すといいですよ。例えば6時から開演として、5時ぐらいから楽屋でもう2人がモメてるの。

こぼん それ、誰が撮るんですか。マネージャー?

テリー よくある監視カメラでいいんですよ。あんなのドン・キホーテで1万円で売ってるから。

こぼん やっぱり発想がプロデューサーですね。

テリー これから新しいネタも考えるんですか。

おぼん もうすでにちょこっとお願いしてるものがあります。どういうネタになるか、まだわかんないですけど。今まで、なんでケンカしてたのかとか、そういうネタになるとは思うんですけど。ほんとに純粋な漫才やりたいですね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
「サンモニ」上原浩治にも“不要論”関口宏・達川光男“噛み合わない騒動”の波紋