スポーツ

若き日の白鵬、宮城野親方への「帰郷直訴」で課された「高すぎるハードル」!

 数々の金字塔を打ち立てて引退した白鵬は、2021年9月30日付で引退届が受理され、間垣親方としての第2の人生をスタートさせた。

 白鵬が語る。

「さっそく新親方・間垣として活動しております。まずは墨田区にある宮城野部屋の朝稽古で後輩たちの指導です」

「自分が今、声を大にして言ってるのは、基本をタップリとやれ!ということです」

 早くも親方としてハッパをかける白鵬である。続けて、

「特に今の若い子たちは、申し合いは喜んでやるのですが、四股、鉄砲、すり足はやりたがりません。本当に困ったものです」

 と、苦言を呈するのも忘れない。

 そんな新親方は、宮城野部屋のホープである北青鵬に「あること」を初めてさせたという。この九州場所(11月14日~28日開催)が、十両に昇進後、初の土俵となる北青鵬である。その「あること」とは、十両に昇進すると「許されること」だった…。

─さて、2003年の白鵬は、当時幕下力士。七月場所に向けての稽古に励む日々だった。兄弟子の光法の強力なカマシにも、倒れなくなった白鵬に、光法は、「白鵬は、将来は横綱になる」とその素質に太鼓判を押した。まさに、宮城野部屋の「新旧交代劇」がなったのである。そして、七月場所を4勝3敗で勝ち越した白鵬は、九月場所を控え、宮城野親方に願い出る。

「入門から一度もモンゴルに帰郷しておりません! 今度の九月場所で、勝ち越しましたら、是非とも帰郷の許可をいただけませんでしょうか?」

 白鵬からの「帰郷直訴」であつた。

 帰郷自体は許されるが、出された条件は7戦6勝のノルマ!高すぎるハードルを果たして白鵬は越えることができるのか?

 エキサイティングな若き日の白鵬が読める同時進行相撲マンガ「白鵬本紀」第27番「ノルマは7戦6勝」は11月9日発売の「週刊アサヒ芸能」11月18日号に掲載。また、復活の全勝優勝を果たした七月場所の真実が語られている「白鵬本紀」第1巻 「英雄の子」に続き、11月30日に発売される第2巻「白鵬のいちばん長い日」では、引退記者会見で話題となった「横綱相撲とは?」の問いに発せられた白鵬自身の考える「横綱相撲」への思いが明かされている。はっけよい!!

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
2
西武「史上最速で自力V消滅」「借金20でアウト」松井稼頭央監督と平石洋介ヘッドコーチ「セットで退場」Xデー
3
「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」
4
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
5
テレ朝・斎藤ちはるがラグビー日本体表・姫野和樹とカメラも気にせず寄り添って…