芸能

綾瀬はるかやっぱり「天然キャラ」だった無名時代

 昨年末の紅白歌合戦で司会を務め、生半可ではない天然ぶりで周囲をおおいに慌てさせた綾瀬はるか。かねてからその天然キャラは有名だったが、それが単なる「キャラ」ではないことを見せつけた。テレビ誌編集者が話す。

「度々、『初出場』を『はつしゅちゅじょう』と言ったり、NMB48が言えずに噛みまくったのは序の口。大御所相手にも、美輪明宏のコメントを無視したり、天童よしみの曲名を忘れたり、伍代夏子の歌の前後で夫の杉良太郎に『杉さん、いかがですか?』と2度も聞くなど、ハラハラの連続でした」

 大舞台だけにさぞ批判的に見られただろうと思いきや、そんな心配は全くないという。

「彼女は下っ端スタッフからベテラン俳優まで態度を変えず、誰かれ構わず人懐っこいのです。今回の迷司会ぶりも、『カワイイ!』『美味しいとこ持っていった』『一番目立っていてさすが!』など、関係者はほっこりしていますよ」(テレビ関係者)

 彼女の過去を知るDVDメーカー関係者も言う。

「売れたら天狗になるのは普通ですが、彼女は巨乳グラビアアイドルから国民的女優になったにもかかわらず、全く変わっていない。昔、DVDを撮ったときは、わざと大きめサイズのワンピースを用意して、ナマ乳が溢れる演出しようとしても、『これ着ればいいんですね~』と嫌な顔ひとつせず、天真爛漫に走り回ってF乳を揺らしていました(笑)。今もどんな仕事でも同じテンションでこなしていて、彼女は本当にすごいです」

 昨年末に終了した主演の大河ドラマ『八重の桜』(NHK)が平均視聴率14.6%と振るわなかったことから、「次回作は脱いで挽回か」といった声も少なくない綾瀬。お願いしてみたら案外「脱ぎま~す」となったりするかも!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
「サンモニ」上原浩治にも“不要論”関口宏・達川光男“噛み合わない騒動”の波紋