スポーツ

新庄監督、チームの意識改革を早くも成功させた「整形ビジュアル革新論」!

 にわかに、プロ野球界で巻き起こっている「新庄フィーバー」。隠し事なしの陽性キャラが持ち味だけに、過去の「整形」までもカミングアウト。独特のビジュアル戦略で選手を鼓舞し、チームの意識改革に成功したというのだ。11月22日発売の「週刊アサヒ芸能」では、監督就任からわずか2週間で、チームを完全掌握した「新庄流指導術」の真骨頂に迫っている。

 10月29日に、日本ハムが、新庄剛志(49)の「新監督就任」を発表してから、わずか2週間余り。11月14日には日本最大のポータルサイト「ヤフーニュース」のスポーツ記事の人気ベスト5を「新庄絡み」がすべて独占した。スポーツ紙記者によれば、

「1位が『新庄がバリー・ボンズに臨時コーチ就任を打診』というもの。2位は『ダルビッシュ有に日ハム復帰を要請していた』という内容。即座に断られたそうですが(笑)。3位にはNHKの『サンデースポーツ』に出演した際に、ソフトバンクの砂川リチャードの名前を挙げて、『欲しいなと思ってた瞬間に1軍に上がって、(本塁打)7、8本打ってたので、あーこれはもう出してくれないな』と語った記事も注目を集めた。とにかく、一挙手一投足にプロ野球ファンがチェックしているといっても過言じゃないフィーバーぶりですね」

 その巧みな新庄の話題作りを語る上で欠かせないのが整形に関する「自虐トーク」だ。

「中でも監督就任会見で記者たちの度肝を抜いたのが、新庄の整形カミングアウトでした。来シーズンの抱負を聞かれた新庄は『これからは顔を変えずに、チームを変えていきたい』と語り、会見場を爆笑させました。しかもその舌の根も乾かぬうちの、11月12日には《今、リフトアップの為 糸入れてきたよん 右4本、左5本ずつ》とツイッターに投稿。タブー視されている整形の話題すらスポーツ紙受けする見出しに変える計算された策士ぶりは、舌を巻きますね」(前出・スポーツ紙記者)

 はたして、新庄が整形すらネタにする「整形ビジュアル革新論」とは何なのか。 11月22日発売の「週刊アサヒ芸能」12月2日号では、監督就任から瞬く間に、チームを掌握したその驚愕すべき手腕に迫っている。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「男闘呼組」成田昭次がついに受けたインタビューでも語らない「薬物の話」
2
吉岡里帆「監督に叱られた無名時代」ブレイクのきっかけは新垣結衣だった!
3
阪神の「夜遊び帝王」糸原健斗に忍び寄る「アレ流」レギュラー剥奪危機
4
テレビ朝日の長寿ミステリー連続終了で外濠が埋まった「相棒」「科捜研の女」の幕引き
5
元Wink鈴木早智子「報道陣たった20人」のシラケた質疑応答/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史