エンタメ

アサ芸世代1000人アンケート 後世に遺したい「テレビ時代劇」(2)桃太郎侍 高橋秀樹 初めは悪人を「峰打ち説教」

「ヒーロー」はいつの世も必要
「桃太郎侍」で、刀をクルクルって回して鞘に納めるシーンもしくじったことがきっかけで生まれました。亡くなった悪役の安倍徹さんに「オレ、コッチからこう斬るから、こういう形で倒れてくれたら、そのまま刀をパッと納められるから」と打ち合わせしているのに、逆から斬りかかってきて、一瞬、間があった。その時にクルクル回して納めたら、またまた監督が
「それ、いいね」って。 こういうふうに、新たに生まれた殺陣は、いっぱいありますよ。
-*-*-*-*-*-*-
「遠山の金さん」では、町人姿での接近戦が多かったため、新体操のリボンや縄にヒントを得て、手ぬぐいを使った立ち回りを考えた。一方、痛快時代劇「三匹が斬る!」(87.95年・テレ朝系)は、共演の役所広司、春風亭小朝が現代風の言葉遣いやダジャレを駆使して台本どおりにしゃべらない。そこで、自分が時代劇の様式の部分を引き受けようと考え、斬ったあと、懐紙で刀身を拭き、その懐紙が舞う中、鯉口を鳴らして刀を納めるというシーンが生まれた。
-*-*-*-*-*-*-
「三匹」は新感覚の時代劇で、実におもしろかった。私がばったり小朝ちゃんと会うシーン。「おい、どうしていた?」と尋ねるんだけど、視聴者はこれまでのことは映像で知っている。それじゃおもしろくないということになって、小朝ちゃんが「かくかくしかじか、よ」。これで説明は全部終わり、みたいな(笑)。
-*-*-*-*-*-*-
「水戸黄門」が12月で終了すると発表され、民放の時代劇シリーズは消えてしまう。今の時代、痛快時代劇は必要とされていないのか?
-*-*-*-*-*-*-
 時代劇のよさは、ヒーローはよりカッコよく、ワルはより悪く。それを極端なまでに演じても、全然違和感がない。こんな単純な勧善懲悪はない。これがやっぱりオモシロイ。それが減ってきているのは、映像に出ている悪い人よりも、今生きている悪い人たちのほうが多くなったということですね。時代劇を作りにくい環境ですね。
 それに、ワルの役者がいなくなりましたね。かつて進藤英太郎さん、吉田義夫さんらは出てきただけで、ワルだとわかりましたからね。僕が初めて京都の東映の撮影所に行った時、台本に「大名行列」とひと言書いてあるだけで、衣装さんもカツラさんも小道具さんも全てを理解していて、行列の先頭から最後の人たちの持ち物などがズラッと並ぶんですよ。東京では、資料なしにはできない。それが東映の京都では、すーっと並ぶ。想像を絶するぐらい凄い。こういった職人技は財産です。若い人に引き継がないといけない。
 役者は半年か1年あれば育ちますけど、こういう専門職の人たちは、今、とだえてしまうと、残らないかもしれない。それが危惧しているところです。

カテゴリー: エンタメ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
“杏が離婚決意”報道で急浮上した東出昌大「謝罪会見で堂々と大ウソ」疑惑!
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
浜辺美波が「彼氏がいたことない」白状、高校卒業後も“男性未経験”を継続中?
4
妹よりタチが悪い?土屋炎伽が見せた“インテリなのにポンコツ”ぶり!
5
山咲千里、「現在の姿」に驚愕反応が続々も「含蓄ある発言」に賛同の声!