芸能

錦鯉・渡辺隆、笑い飯・哲夫に明かされた“10年越し”律儀すぎる性格

 お笑いコンビ「笑い飯」の哲夫が、12月22日放送のラジオ番組「赤maru」(FM大阪)に出演。19 日に行われた「M-1グランプリ2021」で優勝した漫才コンビ「錦鯉」の渡辺隆との過去のエピソードを明かしている。

 今年の「M-1」をウラ実況するラジオ番組に出演していた哲夫。敗者復活戦で3組を選ぶとしたらどのコンビを選んだかと問われ、「ほんまに笑ったやつで。男性ブランコ、マユリカ、 ニューヨークかな」と返答。また持ち時間4分をオーバーしたことで物議を醸したハライチの決勝ネタに関しては、「ノーコメントを貫きたい。やはりいろんな思いがあったやろうから。そこを俺らがごちゃごちゃ言えないなっていう」とした。

 そんななか、優勝した「錦鯉」については、「すごい遠回りもしはった方やからね。同業者からしても50になってまで、そんなところでチャレンジせなあかんねんなっていうね。よくここまで精度高めはったな」と感想を述べ、「俺ね、ツッコミの渡辺さん、まだ錦鯉を組む前かな? 10年ぐらい前やねんけど」切り出し、渡辺とのエピソ─ドを披露した。

 ある日、SMA(ソニー・ミュージックアーティスツ)に入った哲夫の後輩がソニー仲間で飲んでいる席に呼ばれ、その流れで哲夫の東京に家に来ることになったとか。そして皆で飲んでいた際、哲夫と渡辺がともに本好きの共通点があったことがわかり、哲夫がある本を渡辺に貸したという。

 そこから会う機会がなく年月が流れ、「10年ぶりぐらいに、俺らが千鳥とやっている大喜利ライブにゲストで来てくれはった。そのときにその本を持ってきてくれて。覚えてくれてたんよ。すごい良い人やった。だから(今回の優勝は)嬉しいよね」と笑った。

 おそらくその再開は今年2月の「大喜利ライブ」での出来事だと思われるが、渡辺の人柄がうかがえるエピソードだ。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラモス瑠偉「W杯惨敗サッカー日本代表コキ下ろし」に抗議電話15万5000件/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
2
「キスしてる?」質問にフジテレビ・井上清華が衝撃「赤面もじもじ返答」の「まさか!」
3
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
4
落合博満が「何の連絡もない」と困惑する「中日OB戦オファー事件」の舞台裏
5
岡田監督と不協和音!阪神・佐藤輝明「怒りの2軍落ち」で問題視された「試合に向かう姿勢」