社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<副鼻腔炎>ポリープがキノコ状に…。再発性でなかなか治らず

「鼻詰まりがなかなか治らない」「鼻がグシュグシュしている」──。この原因は「副鼻腔炎」かもしれない。これは風邪のウイルスや細菌、アレルギーなどにより「副鼻腔(鼻腔につながる顔面骨の空洞)」の粘膜に炎症が起きて発症する。

 特に厄介なのが「好酸球副鼻腔炎」だ。再発性・難治性の病気で、1990年代後半から患者数が増加している。かつては「アレルギー性副鼻腔炎」と言われたもので、鼻の中の粘膜が炎症で腫れて、見た目がキノコのようになった「鼻茸(鼻腔ポリープ)」ができるのが特徴だ。

「鼻茸」自体は良性の腫瘍だが、風邪をひいたり、細菌感染が起こったりするたびに大きくなり、悪化すると鼻の穴からあふれそうになることもある。

「鼻茸」は、臭いを感じる通り道にできやすいため「嗅覚障害」の症状も出る。悪化すると、膿性・粘性の鼻汁や鼻詰まりの分泌物が喉のほうに下がり、喘息や気管支炎、中耳炎なども発症する。

 この病気は40代以降の働き盛りに多く見られ、慢性疲労や睡眠不足、ストレスなどによる免疫力の低下が推測されている。

 治療はステロイド処方が一般的だ。軽度のうちは噴霧薬を使用し、効果が低い場合は吸入、さらに内服薬の使用へと変わる。ただし、ステロイドを長期で使用すると、高血圧や感染症などの副作用のリスクがあるため、使用が長期になる場合は手術を行うことも。

 注意してほしいのは、ステロイド治療で一時的に症状を落ち着かせても、治るわけではないことだ。症状が緩和して、自己判断で中止してしまうと、かえって悪化させる人も多い。

 受診の目安は、嗅覚障害があるかどうかだ。この症状が疑われたら、専門性の高い病院で検査を受けたほうがいいだろう。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
加藤紀子の横バスト写真が艶すぎ!“蛭子能収も惚れたFカップ”が進化したッ
2
江川卓が「不思議でしょうがない」首を傾げる大谷翔平のプレースタイル疑問点
3
藤原紀香、ドレス胸元から“Fバスト渓谷”魅せ!深さと長さに過去最高の評価
4
前澤友作との交際報道で梅村妃奈子ファンの間で飛び交った“冷ややかな納得”
5
石川佳純のニット姿がキュートすぎ!引き締まったボディの“バスト変化”とは