スポーツ

掛布雅之が今も忘れない、あの外国人助っ人「プロとして大切な教え」とは?

「あしながおじさん」とは、1912年、アメリカの女性作家、ジーン・ウェブスター氏(1876年7月24日-1916年6月11日)が発表した小説・児童文学作品。いわゆる、シンデレラ・ストーリーを描いた、身寄りのない少女に進学のため援助を行う「あしながおじさん」は、日本でも馴染みが深い。

 1990年には、テレビアニメ「私のあしながおじさん」と題してフジテレビ系で放送され、2006年には女優の三倉茉奈・佳奈姉妹による主演(Wキャスト)でミュージカルが上演された。

 では、プロ野球において、身長193センチの長身から、「足長おじさん」の愛称で親しまれた元プロ野球選手がいたのをご存知か。MLBから日本に渡り、1968年に東京オリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)に入団し、75年には阪神タイガースに移籍した、ジョージ・アルトマン氏(故人)である。

 アルトマン氏は、68年に、打点王と最多安打(当時は連盟表彰なし)を獲得した名選手。だが、阪神入りした75年には42歳、選手としては晩年を迎えていた。それでも、練習後にサブグランドを1人黙々とランニングしていた姿が印象的だったと、当時、高校卒業後に阪神に入団してシーズン2年目だった掛布雅之氏が振り返った。ABCテレビ公式のYouTubeチャンネル〈虎バン 阪神タイガース応援チャンネルABCテレビ公式〉の、12月24日付け投稿回に出演して発言だ。そして、その姿とともに忘れられない、アルトマン氏が残していった言葉を、掛布氏が紹介した。

「手抜きすることは、野球選手にとって自殺行為なんだ」

 どんな職業にも通じるアルトマン氏の言葉。今一度、「足長おじさん」の言葉を胸に刻んで日々を過ごしてみたいものだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
大政絢&ワンオクToruの結婚で「弘中綾香アナとの破局理由」が再注目されたワケ
5
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美