スポーツ

ソチ五輪間近!「浅田真央VSキム・ヨナ」死闘10年の“裏”真実(1)

20140206h

 わずか20日違いで生まれた浅田真央とキム・ヨナ。氷点下のリンクを熱くする2人の人生は、奇妙に交錯していた。お互いの必殺ジャンプにたどりつく経緯は、98年の長野五輪──2人が8歳の時に見た風景に遡る。ソチ五輪での最終決戦を直前に控え、日韓・国民的アスリートの死闘秘話を明かす!

「彼女がいなければ、自分も成長できなかったと思う。切磋琢磨したことが、自分のモチベーションにもなっていた」

 昨年11月29日、浅田真央(23)は、練習拠点の中京大アリーナで、英国の通信社・ロイターのインタビューを受け、ライバル・キム・ヨナ(23)に対する胸の内を明かした。

 この発言を韓国の仁川空港で地元メディアから伝え聞いたキム・ヨナは、こう返答をしている。

「私も同じ考えです。ジュニア時代から浅田がいなかったら、今の私もいなかった。お互いに避けたい存在でもあったが、刺激剤になる選手でもあった」

 誕生日がわずか20日違いの2人は、14歳から好敵手としてしのぎを削り、観衆を魅了し続けてきた。現在までの成績は15戦して、浅田の6勝9敗だ。2人の成長を見続けてきた元五輪代表の渡部絵美氏が語る。

「この2人の功績は、フィギュアスケート発祥地の欧州よりも、アイスショーの本場である北米よりも、アジアが強いんだということを世界中に知らしめてくれたことです。同時に、どの国の選手たちよりも、フィギュア界のレベルアップに貢献してくれました。真央ちゃんならトリプルアクセル(3A)で、ヨナちゃんはトリプルルッツ(3Lz)+トリプルトゥーループ(3T)のコンビネーションですよね。持ち味が違うから、勝敗数で優劣はつけられませんよ」

 そろって5歳からスケートを始め、ともに“天才少女”と呼ばれた浅田とキム・ヨナ。初対決は04年12月、フィンランドのヘルシンキで行われたJGP〈ジュニアグランプリ〉ファイナル。2人が14歳の時だった。浅田はそこで大会史上初となるトリプルアクセルを決め優勝したのだ。浅田を紹介する海外解説者の興奮した口調が、彼女の偉業を如実に表している。

〈3Aに挑戦し、成功すれば歴史が作られます〉

 そして、彼女の演技が始まるや、こう惜しみない称賛を贈っているのだ。

〈最初に3Aの予定ですが跳びます。すばらしい! 軽々と跳びます〉

〈ここでトリプルトリプルのコンビネーション。信じられません。優雅で芸術的〉

 スポーツ紙デスクが振り返る。

「浅田の得点は172点台で、2位のヨナに35点以上の差をつけての勝利でした。あの当時はまだ、ヨナが浅田を追いかけるという構図で、浅田は『勝つのが楽しい』的なマイペースな発言をしていたと思います。ヨナは『真央と同じ舞台に立てた』ことを喜んでいたように記憶しています」

 まだ、浅田の視界にキム・ヨナはライバルとして映っていなかった。

◆アサヒ芸能1/28発売(2/6号)より

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
2
深田恭子「“37歳”新・むっちりボディ」の秘密をバラす(1)バストサイズがボリュームアップ
3
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!