エンタメ

水島新司さん、“トップ選手とも夢対決”の「野球狂マンガ人生」82年の“秘話”

 野球マンガというジャンルを確立した水島新司さんが1月10日に逝去した。「ドカベン」「あぶさん」など、数々のヒット作には実名で活躍中のプロ野球選手が登場。一見、荒唐無稽なストーリーにもかかわらずリアリティある設定に誰もが胸躍らせただろう。そしてその裏には、スーパースターたちとの交遊があったというのだ。

 たとえば代表作「ドカベン」の場合、、高校卒業で終わるかに思えた明訓高校の面々の群像劇はその後、プロ野球編に突入。

 そこで、ドカベンの登場人物と実在のスター選手の夢対決が次々と展開される。今季のプロ野球の話題を独占している日本ハムの新庄剛志新監督を始め、松井秀喜氏、イチローなど、後にメジャーに渡るトップ選手もキャラクターになったが、きっかけはあるスター選手の一言だったという。出版関係者が明かす。

「実は、『ドカベンプロ野球編』がスタートするのは、前作にあたる『大甲子園』終了後から8年間の空白があった。この空白期間も旺盛な取材を続けていた水島さんに当時、西武の主砲だった清原和博氏が『どうしてドカベンはプロに来ないんですか?山田太郎とクリーンアップが組みたいです』と直談判。これを聞いて水島さんはシリーズ再開の着想を得たそうです。それで山田太郎は西武に、メインキャラの一人である岩鬼正美は、御贔屓のダイエーホークスに入団させることに。これにはドカベンファンで知られるイチロー氏からも『オリックスには絶対に殿馬一人を入れて僕と1、2番コンビにしてください』と懇願されたとか」

 他にも南海ホークスの大ファンだったことから故・野村克也氏や江夏豊氏との付き合いも公私を越えた間柄だった。さらには、「怪物」江川卓をバックアップしていたこともあったという。

 そんな水島さんを巡る数々の「裏エピソード」を紹介した追悼記事は1月25日発売の「週刊アサヒ芸能」2月3日号に掲載されている。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「男闘呼組」成田昭次がついに受けたインタビューでも語らない「薬物の話」
2
平愛梨に真野恵里菜…次々にゴールを決めるサッカー選手に“怨嗟”の声
3
吉岡里帆「監督に叱られた無名時代」ブレイクのきっかけは新垣結衣だった!
4
阪神の「夜遊び帝王」糸原健斗に忍び寄る「アレ流」レギュラー剥奪危機
5
スペイン戦直前…本田圭佑が放った「権力者は退場せよ」猛烈批判の真意