芸能

白石麻衣、「ヒールで踏みつけ血を舐め上げる」超ドS“女帝艶技”と人気の秘密!

 元乃木坂46の元メンバーで「まいやん」の愛称で親しまれる白石麻衣が、サディスティックに大暴れする話題の映画が間もなく公開される。青年コミック誌「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で06~17年に連載され、シリーズ累計880万部の迫稔雄氏の同名人気漫画を実写化した「嘘喰い」だ。

 本作で主演を務める横浜流星が通称「嘘喰い」と呼ばれる天才的なギャンブラー・班目獏を演じ、会員制の闇倶楽部「賭郎」を舞台に命を懸けたデス・ゲームが描かれる。そこに闇カジノを仕切るオーナーで、鞍馬組の組長・鞍馬蘭子役で登場するのが白石。

「2月11日に映画が全国公開されるタイミングに合わせ映像配信サービス『dTV』で、『嘘喰い─鞍馬蘭子編/梶隆臣編─』でも、全4話のドラマ版が配信されます。特に蘭子は恐い女組長として漫画で人気のキャラクター。それを見事に白石が演じていて、映画の出演だけではもったいないと、まさに白石のためにオリジナルドラマのスピンオフが作られたそうです」(映画ライター)

 解禁されたdTV版の予告動画の冒頭で、白石は背中を大胆に肌見せた青いドレス姿を披露すると、刃物で皮膚の表面を切られた瞬間、

「私の背中に刃を向けた」

 と、ドSスイッチが発動して黒い拷問用のロープ状の道具を手にする。場面が切り替わった戦闘シーンでも、透けた素材の黒のブラウスに紫のスカートの白石がそれを振り回しながら、敵を容赦なく“お仕置き”。相手の背中を黒いブーツのヒールでめり込ませるように踏みつけ、冷徹な表情で見下すのだ。

「自分の血を唇に塗りつけ、ゆっくりと舐め上げるシーンも用意され、新境地を開眼しました。メガホンを撮った中田秀夫監督からは、任侠映画『極道の妻』シリーズの高島礼子をイメージするように言われ、ドスの効いた声を出しています」(前出・映画ライター)

 公開前から注目度が高くヒットの予感大の映画は、早くも続編があると見られ、漫画の原作をみていくと蘭子の、さらに艶っぽいシーンもあり、白石の演技にも期待は高まるばかりなのだ。

 2月8日発売の「週刊アサヒ芸能」2月17日号では、艶技が覚醒した白石の詳細と合わせて、中高年世代にも人気の「まいやん」の秘密に迫る。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
2
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
3
メッシ出場「コパ・アメリカ2024」よ、お前もか!アマプラ生中継に「なぜ?」の不満が噴出したわけ
4
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題
5
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!