スポーツ

掛布雅之の絶妙「質問力」が江川卓のイメージを変えた!?江川氏の動画で大活躍

 元巨人の江川卓氏は、ドラフト会議で1位指名を3度受けた唯一の人物だが、「空白の1日」とも呼ばれた、3度目の1978年ドラフト会議が騒動に発展。1960年代の子供が好きな「巨人・大鵬・卵焼き」をもじり、嫌いなものとして「江川・ピーマン・北の湖」などと当時はヤユされたものだ。

 しかしながら、江川氏のYouTubeチャンネル〈江川卓のたかされ【江川卓 公式チャンネル】〉を観ると、むしろ江川氏は火の粉を被った側とでも言おうか、振り回されたようにも見える半生だったようなのだ。元阪神タイガースの掛布雅之氏が出演した、2月6日付け投稿回でそんなエピソードが掛布氏によって引き出された。

 それは、大学4年の時に2度目のドラフト会議で、クラウンライターライオンズ(現・埼玉西武ライオンズ)に1位指名を受けた77年のこと。江川氏の親戚には商売をしている人が多く、商売にも影響することから当時はテレビ中継されていないパ・リーグではなく、首都圏に本拠地のあるセ・リーグ、中でも巨人に入ってほしいという要望を江川氏の父親が親戚中から受けていたという。そこで、江川氏は、プロ入りをいったん断念。翌年のドラフト会議を待つのも兼ねてアメリカに野球留学で旅立つことに…。

 そして、翌78年のドラフト会議の間際には、「アメリカの和食屋さんで用意してたわけ。『ここで記者会見開かせてください』ってお願いしてたの。で、待ってたら、電話が鳴って、親父からだった。で、例のやつ(空白の1日)が始まるわけよ。“巨人入れるかもしれない”っていう…」と、語尾を濁しかけた江川氏に、これまで聞き上手に徹していた掛布氏が「大人の世界のいろいろなことやね。大人の事情っていうね…」と、同情まじりに感慨深くうなずく姿も見せたのだった。

 トークの中盤には、「お前のイメージ変わるで。いいとこ出してる(いい面を質問で引き出している)よオレが。このYouTube観てからね、お前、オレに感謝すると思うよ」と、スタジオの笑いも誘った掛布氏。江川氏のドラマチックな告白もさることながら、掛布氏のインタビュー技術のうまさにも引き込まれるようなトークだった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
4
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」
5
大臣になった扇千景が怒りに震えた人間国宝の夫「御開帳ハレンチ写真」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史