スポーツ

掛布雅之の絶妙「質問力」が江川卓のイメージを変えた!?江川氏の動画で大活躍

 元巨人の江川卓氏は、ドラフト会議で1位指名を3度受けた唯一の人物だが、「空白の1日」とも呼ばれた、3度目の1978年ドラフト会議が騒動に発展。1960年代の子供が好きな「巨人・大鵬・卵焼き」をもじり、嫌いなものとして「江川・ピーマン・北の湖」などと当時はヤユされたものだ。

 しかしながら、江川氏のYouTubeチャンネル〈江川卓のたかされ【江川卓 公式チャンネル】〉を観ると、むしろ江川氏は火の粉を被った側とでも言おうか、振り回されたようにも見える半生だったようなのだ。元阪神タイガースの掛布雅之氏が出演した、2月6日付け投稿回でそんなエピソードが掛布氏によって引き出された。

 それは、大学4年の時に2度目のドラフト会議で、クラウンライターライオンズ(現・埼玉西武ライオンズ)に1位指名を受けた77年のこと。江川氏の親戚には商売をしている人が多く、商売にも影響することから当時はテレビ中継されていないパ・リーグではなく、首都圏に本拠地のあるセ・リーグ、中でも巨人に入ってほしいという要望を江川氏の父親が親戚中から受けていたという。そこで、江川氏は、プロ入りをいったん断念。翌年のドラフト会議を待つのも兼ねてアメリカに野球留学で旅立つことに…。

 そして、翌78年のドラフト会議の間際には、「アメリカの和食屋さんで用意してたわけ。『ここで記者会見開かせてください』ってお願いしてたの。で、待ってたら、電話が鳴って、親父からだった。で、例のやつ(空白の1日)が始まるわけよ。“巨人入れるかもしれない”っていう…」と、語尾を濁しかけた江川氏に、これまで聞き上手に徹していた掛布氏が「大人の世界のいろいろなことやね。大人の事情っていうね…」と、同情まじりに感慨深くうなずく姿も見せたのだった。

 トークの中盤には、「お前のイメージ変わるで。いいとこ出してる(いい面を質問で引き出している)よオレが。このYouTube観てからね、お前、オレに感謝すると思うよ」と、スタジオの笑いも誘った掛布氏。江川氏のドラマチックな告白もさることながら、掛布氏のインタビュー技術のうまさにも引き込まれるようなトークだった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故