スポーツ

日本名輪会・山口健治の「江戸“鷹の目”診断」/郡司が好機に仕掛けて突き抜ける!

【「大垣記念」ヤマケンが注目する「決勝戦進出」有力候補12人!】

◎郡司浩平/○平原康多/▲山口拳矢/△松本貴治/守澤太志/佐々木悠葵/園田匠/山崎芳仁/山田久徳/坂口晃輔/黒沢征治/上田尭弥

 記念は地元選手にとってGIと同等か、あるいはそれより獲りたいレースだ。

「大垣記念」(3月10日【木】~13日【日】)は、東日本のSS班2人と地元の大物新人による三つ巴の優勝争いとみた。ただし、チャレンジャーに一発を狙う若手機動型がそろっている。次週のGII「宇都宮ウィナーズC」(3月18日~)を占う格好の4日間になりそうだ。

 本命には郡司浩平を推す。取手全日本選抜は準決勝で敗退。今年初めて決勝戦進出を逃したが、最終日は1着で締めくくった。南関東はメンバーが手薄。単騎戦もありそうだが、好機に仕掛けて突き抜ける。

 対抗の平原康多は、徹底先行の黒沢征治か佐々木悠葵の後位につけられる。脚をためて、郡司とのマッチレースを制するシーンも。

 あとは豊橋記念をスキップして、この地元記念にかける山口拳矢と、動ける松本貴治を警戒したい。

 高松記念を制している山田久徳が、全日本選抜でも2勝と奮闘した。印を回さなかったのは近畿に援軍が見当たらないからだが、ここ一番でのまくり脚は健在。勝ち上がれば見せ場は作る。

 有力候補以外では、立川記念(【1】【2】【2】【5】)と好走した41歳になる菊地圭尚(北海道)の復調ぶりが目を引く。この大垣は冬期移動の練習バンク。予選を突破すれば、おもしろい存在になるのではないか。

【大穴この1車】

 近藤保(千葉・95期)。

 1~2月に7場所走ったタフな追い込み選手。コロナ禍で東日本のレースが主になるのはしかたがないが、昨年12月松戸(【1】【1】【1】)の決勝戦は、3着に粘った先行との挟み車券で2万8190円だった。GIIIでは12月の広島初日1着、伊東2日目3着、1月立川初日2着で万車券を演出している。しかも広島と伊東は、4万円と9万円超の高配当だった。狙いは絞りにくいので手広く流したい。

【狙い目の伏兵3人】

 ホームバンクの橋本優己(岐阜・117期)は、前走のGIII高知(【1】【2】【6】【9】)で準決勝に乗った。まだ22歳だが、自在な戦いができる。地元ラインの先頭で風を切るだけだ。

 橋本と同期で同い年の久田裕也(徳島)は、まだ特筆できる戦歴はないが、評価したいのは、負けても負けても先手を取り続けている積極性。マイペースに持ち込めば押し切りがある。

 蕗澤鴻太郎(群馬・111期)は、すでにGIを2度走っている。今期は2班だが、そろそろエンジンがかかってくる頃だ。

山口健治(やまぐち・けんじ):1957年1月、東京都荒川区生まれ。競輪学校38回生卒業チャンピオンとしてデビュー。主なタイトルは日本選手権、競輪祭(2度)。09年1月引退。現在「スポーツ報知」評論家。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
2
「日本ハムは今年も最下位になる」高木豊のダメ出しVS新庄監督…ガチンコ激突の行方
3
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
4
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
5
なぜ谷原章介じゃない!?フジテレビ・永島優美「早すぎる番組降板」の裏事情