政治

宮崎謙介<巷の陳情>突撃調査隊「葉巻文化が消滅してしまいます」

 私はシガーを扱う業者ですが、コロナ禍でシガーが入ってこなくて困っていたところ、ウクライナとコロナの問題で、さらにモノが入ってきません。特にキューバ産は物流がストップしています。売る側も困っているということは、吸う側も困っているのでは。このままでは文化が潰れます。

 コロナ時代になってからシガーバーが潰れ始め、さらにウクライナとロシアのことでより葉巻が入ってこなくなったと、僕の周りでも嘆いている人がいました。特に葉巻の名産地であるキューバはロシア支持国のせいか、ご指摘のように、キューバ産が全然入ってこないようです。

 いやいや葉巻なんてなくたっていいでしょう、と言う人もいます。シガー人口は少ないし、一般的な嫌煙家にしてみたら当然です。が、葉巻は文化であり、嗜好品です。お酒を飲むのが好き、パチンコを打つのが趣味なように、葉巻でストレスを発散したり、リフレッシュしたりする人もいます。麻生太郎副総裁がシガー愛好家であることは有名ですし、JTが皇室に献上する特別な葉巻を作っていることも事実として存在しています。いまだ葉巻がなくならないのは、それが貴重な賜物だからなのでしょう(麻生さんはともかく)。最近は若い女子の間で、タバコは吸わないけどシガーなら吸いたい、というマニアが増えていることも聞きました。煙を嫌がる人への気遣い、シガールームやシガーマニアのためのバー、カフェなどで吸うマナーさえ守れば、誰もその人の趣味を剥奪することはできません。

 さて、キューバ産の葉巻が入ってこない問題をどうしたらいいのか。これは難しい。キューバの問題は解決しようがないかもしれません。ウクライナとロシアの争いが収まったとて、きっとお酒同様、需要に見合った分が日本にあてがわれるだろうとは楽観視できません。そうなると、葉巻業者やシガーバーは今以上に潰れるかもしれないので、葉巻しか扱えない業態を早々に変更するしかないかもしれません。

 僕も議員時代、ダンディな先輩議員から「葉巻は心身のリフレッシュになるから、ちょっと吸ってみますか」とお誘いを受けて、シガーバーで甘いラム酒とともに、くゆらせたことがあります。確かにその時、けっこうリフレッシュできました。それで明日への活力が見出せる人がいるならそれは文化だし、僕もなくなってほしくはないのです。

 タバコ人口が減ったこの世の中であえて、もっと葉巻やタバコへの理解を深めてみたらどうでしょうか。タバコを含めた愛煙家たちが、どうしてタバコを吸いたい時に小さな喫煙ルームに追いやられてしまうのか。おかしくないですか。駅近にある透明な箱のような喫煙ルームや、カフェの喫煙ルーム‥‥小さすぎませんか。僕の息子が路上の喫煙ルームを指差して「あの煙もくもくの小屋は何?」と目を丸くしていましたよ。

 タバコにしろ葉巻にしろ、高い税金を払っているわけで、ちゃんとした大人の空間を作ってあげませんか。人への優しさを忘れず愛煙家と嫌煙家が歩み寄る、そんな世の中になってほしいです。まずはウクライナとロシアに平和を。

宮崎謙介(みやざき・けんすけ)◆1981年生まれ。早稲田大学商学部を卒業後、日本生命などを経て12年に衆院議員に(京都3区)。16年に議員辞職後は、経営コンサルタント、テレビコメンテイターなどで活動。近著に「国会議員を経験して学んだ実生活に即活かせる政治利用の件。」(徳間書店)。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
爆弾投下で朝ドラ降板も!浜辺美波を襲う「男スキャンダル」大暴露予告の心身異変
2
水着写真で判明!藤田ニコル「おマタの膨らみ」に向けられた「アノ疑惑」に出た結論
3
貴島明日香、人気お天気キャスター1位も納得のバスト渓谷写真の「破壊力」!
4
松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論
5
「有村架純のバストを揉みしだく」禁断映像の一斉配信に異常興奮と嫉妬の嵐!