スポーツ

落合博満、江夏豊から“3球三振”も「勝負には勝った」解説の深意

 3度の三冠王に輝いた落合博満氏が、自身のYouTubeチャンネル「落合博満氏のオレ流チャンネル」で、 “奪三振王”の異名も取った江夏豊氏との勝負を振り返ったところ、3球三振に打ち取られるも優越感に浸った…とのエピソードを明かした(4月4日投稿動画)。

 落合氏いわく、江夏氏が日本ハムに移籍した1981年ごろ、嫌なバッターのタイプを聞いたところ、「真っ直ぐなら真っ直ぐ、カーブならカーブ、それを一日中待たれるバッターが一番イヤだ」との答えが返ってきたそうだ。

 落合氏はそれ以降、もともとヤマを張るタイプではなかったことから、ストレートに照準を絞り、それより球速の劣る変化球に柔軟に対応する打法を身につけたという。

 そんな中、江夏氏とのある対戦において3球三振に打ち取られる場面があったそうなのだが、3球ともカーブという投球内容。その結果を落合氏は、「今までこういう投球パターンをしてこなかったピッチャーが、3球続けてカーブを放って三振して、オレ、ニヤッと笑ってバッターボックス去っていったっていう記憶ある…。オレ、この打席は三振したけども、現実にはオレはこの勝負に勝ったんだって」と解説した。

 レジェンドがレジェンドを語る、素人には理解しがたい勝負。ぜひ江夏氏を当チャンネルに招き当時の対戦を検証してもらいたいところだが、それでも江夏氏は変化球トークでやんわりと落合氏をいなすのか、それともストレートで鋭くえぐるのか。実現すれば見ものである。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレビ朝日の長寿ミステリー連続終了で外濠が埋まった「相棒」「科捜研の女」の幕引き
2
木村拓哉がウーバー配達員に…「ゴゴスマ」サプライズ出演で大阪府民が大激怒
3
「巨人軍のニセ紳士」坂本勇人の鬼畜スキャンダル「再クローズアップ」の舞台裏
4
局員激白!加藤浩次「スッキリ」が打ち切られる「本当の原因」
5
TBS山形純菜アナ「これはスナックのママでは!?」激変メイクに滲み出る「実は闇キャラ」素顔