スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ルージュスティリア能力全開」

 桜花賞、皐月賞が終わり、今週から東京開催に移ってGI戦は小休止。その開幕週のメインを飾るサンスポ賞フローラSは、2着以内の馬に優先出走権が与えられるオークスのトライアルレースである。

 毎年のようにフルゲート(18頭)で行われることが多く、予断を許さない激しいレースが繰り広げられている。だが今年は、フルゲートになるかどうか、微妙と言っていい。

 しかも第2、第3グループが集う競馬で、桜花賞からの直行組に比べると、見劣りするとみられてもやむをえないところだろう。

 それでもマイル(桜花賞)では持ち味、能力をフルに生かしきれないとみて、ハナからオークス狙いの馬も少なくない。そのあたりをどう吟味するか、本番を見据えて見応えある一戦が期待できる。

 何度となく指摘してきたことだが、東京芝2000メートルは、中山のマイル戦と並んで枠順による有利、不利が際立っている。スタートして加速がつくところで急に折れる最初のコーナー(2角)があり、外枠の馬はハジかれたり、スムーズに曲がれないなど、コースロスを被ることが少なくないからだ。多頭数になればなるほど内枠の馬が有利になることは、頭に入れておいて損はないだろう。

 実際、7、8枠の連対率はかなり低い。運に左右されるということにもなるが、過去の傾向としても順当に収まるか、荒れるか、極端なレースである。

 馬単が導入されて以降、これまでの19年間、1、2番人気馬によるワンツー決着が4回なのに対して、馬単での万馬券は7回(馬連6回)もある。それほどつかみづらい重賞で、人気どころが大外枠を引くようなことがあれば、ある程度は疑ってかかるべきだろう。

 いずれにせよ、前述したように一線級がここに出走してくることは少ない。過去19年間、ここで好走して本番のオークスでも勝ち負けした馬はサンテミリオン(10年)ぐらい。その意味では、あまり本番を意識せず、仕上がり状態のいい馬に目をつけるのが馬券戦術の筋である。

 無論のこと、枠順も考慮しなければいけないのだが、もろもろ吟味したうえで期待したいのは、ルージュスティリアだ。

 昨夏の新潟で評判どおりに新馬戦を勝ち上がったものの、体調を崩して復帰したのが前走のチューリップ賞。病み上がりで7カ月ぶりの実戦が桜花賞トライアルとあっては、さすがに荷が重かった。

 落ち着きを欠いていたこともあり、大きく出遅れての6着。が、最後方から直線だけで追い上げ、勝ち馬にコンマ6秒差まで迫ってみせたことを思えば、ここは見直すべきだろう。

 休み明けを使われたことで、この中間は大幅な良化ぶりを見せている。1週前の追い切りは軽快そのもの。体調がよくなったことで気持ちに余裕が出てきたのだろう。前走時と違って落ち着き払っているのがなんともいい。

「まだ成長する余地は十分だが、以前と違ってひ弱さが消えたのが何より。能力は秘めており、どこまでやれるか楽しみ」とは、藤原英調教師の弁。ならば狙わない手はない。

 昨年のダービーを制したシャフリヤールと同じ調教師(藤原英師)と騎手(福永祐一)のコンビというのも魅力だが、血統(母系)がまた、すばらしい。

 祖母ワンデスタはサンタアナHなど米GI3勝馬で母系は欧州の一流血脈。均斉の取れた好馬体からも力は確かで、道悪にならないかぎり、好走必至とみた。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
爆弾投下で朝ドラ降板も!浜辺美波を襲う「男スキャンダル」大暴露予告の心身異変
2
水着写真で判明!藤田ニコル「おマタの膨らみ」に向けられた「アノ疑惑」に出た結論
3
本田望結が“オトナ”を意識し始めた?海辺の強調ボディ「ビックリ成長具合」
4
松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論
5
稲村亜美、ゴルフ対決で本気を出した豪快“黒パン”見せと“みっちり”縦スジ