芸能

小林麻耶が海老蔵の反論に「待ってました!」で投下される新たな「口撃」

 歌舞伎俳優の市川海老蔵が、4月21日発売の「週刊文春」で130分にわたるインタビュー取材に応じ、義妹でフリーアナウンサーの小林麻耶に対して真っ向から反撃ののろしを上げた。

 ここ最近、麻耶は自身のブログで幾度となく海老蔵への猛批判を繰り返しており、海老蔵が亡き妻・小林麻央さんの病室で競馬新聞を読んでいたことや、麻耶が「俺のこと好き? 子ども産んでよ」と耳元で囁かれ、襲われたことなどを暴露。麻耶は再三にわたり謝罪を求めていたが、海老蔵は静観を決め込んでいた。

 海老蔵は文春の取材に対し、「取材依頼をもらってから、ずっとためらっていたのは確かです。でも、公演関係者にも相談して決断しました。子供たちやお義母さんのためにも、ここで終わりにしなくてはいけない。全てをお話しすることにします」

 と決意したのだという。

 そして「病室で競馬」疑惑には、

「闘病が2年以上に及び、どうしても深刻な雰囲気になることもありました。あえて『元気になったらハワイに行こう』と言ったり、時には競馬新聞を見ながら、麻央に『何番が来ると思う?』と話しかけたこともあります。麻耶さんが不快に思われたのなら、本当に申し訳なく思っています」

 また、民間療法を強要したのではないかとの指摘には、

「麻央から、同級生の内縁にあたる方を紹介されました。その方が施す自然治療を試してみたい、と」

 あくまでも麻央さんが希望したと主張した。芸能ライターがこの反論の背景について解説する。

「今までダンマリを決め込んでいた海老蔵ですが、さすがにこのまま麻耶の言いたい放題にされっぱなしではマズいと思ったのでしょう。ただ、麻耶の耳元で囁いた件について否定はしているものの、『誤解を招くようなことがあったのかもしれませんが』と、なんとも歯切れが悪い印象です。もっとも、今回の海老蔵の取材対応に、麻耶は『待ってました!』の心境かもしれません。彼女にとっては新たなツッコミどころ。要はブログのネタができたわけですから、今後、口撃がエスカレートすることも予想されますね」

 泥沼の様相を呈してきた海老蔵と麻耶のバトル。もはやどちらが勝者になっても、一度失墜したイメージが復活することはないだろう。

(ケン高田)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
2
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
3
サッカー柴崎岳の妻・真野恵里菜「撮影自粛願い」が招いた「オウンゴールな評判」
4
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
5
元阪神・糸井嘉男がラジオ生放送で「不適切発言」のアタフタ現場