芸能

小林麻耶が海老蔵の反論に「待ってました!」で投下される新たな「口撃」

 歌舞伎俳優の市川海老蔵が、4月21日発売の「週刊文春」で130分にわたるインタビュー取材に応じ、義妹でフリーアナウンサーの小林麻耶に対して真っ向から反撃ののろしを上げた。

 ここ最近、麻耶は自身のブログで幾度となく海老蔵への猛批判を繰り返しており、海老蔵が亡き妻・小林麻央さんの病室で競馬新聞を読んでいたことや、麻耶が「俺のこと好き? 子ども産んでよ」と耳元で囁かれ、襲われたことなどを暴露。麻耶は再三にわたり謝罪を求めていたが、海老蔵は静観を決め込んでいた。

 海老蔵は文春の取材に対し、「取材依頼をもらってから、ずっとためらっていたのは確かです。でも、公演関係者にも相談して決断しました。子供たちやお義母さんのためにも、ここで終わりにしなくてはいけない。全てをお話しすることにします」

 と決意したのだという。

 そして「病室で競馬」疑惑には、

「闘病が2年以上に及び、どうしても深刻な雰囲気になることもありました。あえて『元気になったらハワイに行こう』と言ったり、時には競馬新聞を見ながら、麻央に『何番が来ると思う?』と話しかけたこともあります。麻耶さんが不快に思われたのなら、本当に申し訳なく思っています」

 また、民間療法を強要したのではないかとの指摘には、

「麻央から、同級生の内縁にあたる方を紹介されました。その方が施す自然治療を試してみたい、と」

 あくまでも麻央さんが希望したと主張した。芸能ライターがこの反論の背景について解説する。

「今までダンマリを決め込んでいた海老蔵ですが、さすがにこのまま麻耶の言いたい放題にされっぱなしではマズいと思ったのでしょう。ただ、麻耶の耳元で囁いた件について否定はしているものの、『誤解を招くようなことがあったのかもしれませんが』と、なんとも歯切れが悪い印象です。もっとも、今回の海老蔵の取材対応に、麻耶は『待ってました!』の心境かもしれません。彼女にとっては新たなツッコミどころ。要はブログのネタができたわけですから、今後、口撃がエスカレートすることも予想されますね」

 泥沼の様相を呈してきた海老蔵と麻耶のバトル。もはやどちらが勝者になっても、一度失墜したイメージが復活することはないだろう。

(ケン高田)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
4
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった
5
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」