スポーツ

テリー伊藤対談「渡部絵美」(1)浅田真央のピークは去年だった

20140313i_2

●ゲスト:渡部絵美(わたなべ・えみ) 1959年生まれ。東京都出身。タレント兼プロスケーター。12歳で日本のスケート界にデビューし、初出場の全日本ジュニア、全日本フリー全日本選手権(ともに72年)で優勝。全日本フィギュアスケート選手権では、72年以降史上初の8連覇を成し遂げている。79年の世界選手権では3位になり、80年レークプラシッドオリンピックでは6位入賞を果たし、引退した。「アマチュア交流全国スケート体験教室」を全国各地で開催し、後進の育成に力を注いでいる。

 ソチ五輪では「地獄」と「天国」を1度に体験した浅田真央。ショートでの大苦戦から一転、フリーで自己ベストを叩き出し、日本中を感動の渦に巻き込んだが、日本女子フィギュアスケートのパイオニア・渡部絵美の目にはどう映ったのか。天才テリーがフィギュア界の舞台裏を聞き出す。

テリー ソチオリンピックでは、浅田真央選手が日本中を感動の渦に巻き込んでくれましたね。教科書にも載りそうなくらい、価値のある物語を見せてくれたというか。

渡部 メダルには届かなかったとはいえ、本当に力を出し切ったことが伝わるというか、すばらしい演技だったと思います。

テリー フリーでの自己ベスト、142.71得点を出しましたし、2大会連続でトリプルアクセルを成功させましたね。

渡部 ショートプログラム(SP)での失敗を乗り越えて、6種類の3回転ジャンプを8回跳べたということは、やはり記憶に残るスケートだったと思います。

テリー SPの得点が厳しかっただけに、そこから10人抜きの6位に終わったことは、本当にすごい。

渡部 そうですね。SPでは、鈴木明子選手、村上佳菜子選手と、3人ともボロボロでしたからね・・・・。

テリー あれはいったい、どうしちゃったんですか。

渡部 やはり、4年に1度の大舞台に合わせて調整するのがうまくいかなかった。

テリー でもそれは、全選手が同じ条件でしょう。

渡部 ところが、キム・ヨナ選手はシーズン初めは試合に出なかったり、抑えて抑えて、調整してたんですね。でも浅田選手は、多くの試合数をこなしていましたから。

テリー 試合数を減らしていればよかったんでしょうか。

渡部 もう少しセーブできればよかったのかもしれませんが、彼女の場合、ピークが去年に来ちゃったんですよね。12月の全日本選手権からどんどんと調子が下がってきて、ソチでは団体のショートでも転倒していましたから、なかなか立て直し切れないところがあったんでしょう。

テリー トリプルアクセルって、ものすごく大変な技ですよね。

渡部 大変です。実は浅田選手、今シーズンは1回も跳べていなかったんですよ。だからオリンピックという、世界一の大舞台で跳べるかどうかなんて、ものすごく大きな賭けだったんです。でも、それをみごとに跳びました。

テリー 勝負に出ていましたよね。

渡部 彼女にとってトリプルアクセルは大きな武器ですから、とにかく跳ばなければ勝てないというのが、点数上の計算ではできていたと思うんです。ただ、彼女はトリプル・トリプルというコンビネーションも跳べるんですよ。

テリー 3回転──3回転のダブル技ですね。

渡部 はい。トリプルルッツ──トリプルトゥループとか。それも点数は高いので、ジャンプの醍醐味を少し落としてでもいいから、パーフェクトに滑ることを目指すこともできたかもしれないですね。

テリー 地味にこなしていくというか、そんなイメージですかね。

渡部 そうですね。SPでは、トリプルアクセルを失敗したために、他の演技にも影響が出てしまったので。

テリー リンクの上で失敗した時の心理って、どのようなものなんですか。

渡部 浅田選手が08年の世界選手権で優勝した時、オープニングのトリプルアクセルで転んで、そのあとは開き直って、のびのびと滑って優勝したことがあったんですよ。でも、ソチのSPの時は、そのままテンションが下がってしまったというか。

テリー あぁ、テンションがねぇ・・・・。

◆アサヒ芸能3/4発売(3/13号)より

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石橋貴明もショック?「細かすぎモノマネ」に木梨憲武が出演しない理由
2
松本人志、BTS原爆Tシャツ問題に“号泣マジギレ”も十分ありえた「過去言動」!
3
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
4
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
5
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(1)期待されていた有働由美子だったが…