政治

まさかの極東侵攻で現実味を帯びてきた「恫喝ロシア軍VS自衛隊」の作戦全貌

「次は北海道が危ない!」

 もはや遠くで起きている戦争では済まないのだ。ウクライナ侵攻が、極東の日本にまで飛び火した。狂気のプーチン・ロシア軍が、平和ボケ日本に来襲したらあなたはどうする?

 国際部デスクが解説する。

「プーチンはウクライナ侵攻に異を唱える日本を非友好国とみなし、極東ロシア軍が明らかに動きを活発化させています。また、3月21日にはロシア外相が日本との平和条約交渉の中断を一方的に発表したほか、ロシア下院副議長が『どの国も願望があれば、隣国に領土要求することができる。北海道の全権はロシアのものだ』という妄言まで飛び出す始末。まさにウクライナ侵攻を正当化し、次は日本だと恫喝していることにほかなりません」

 2月24日の侵攻開始以降、北海道近海ではロシア軍の軍事演習、海軍揚陸艦の通過、巡航ミサイル発射と、開戦前夜のごときキナ臭さだ。

 元航空自衛官で軍事評論家の潮匡人氏が、この動きについて説明する。

「極東ロシア軍の兵力はウクライナ戦線に展開しているため、ガラ空きと言っていい状態です。しかしロシアは、この空白に乗じて日本が領土を取り戻そうとするかもしれないと考え、北方領土や日本海で軍事演習を重ねているわけです。そもそもロシアは北海道を侵攻するという計画を、ソ連時代から持っていましたから」

 では、極東ロシア軍に狙われる場所とはどこか。迎え撃つ自衛隊の作戦はどんなものなのか。いよいよ現実味を増してきた「ロシア軍VS自衛隊」戦のシミレーションは、発売中の「週刊アサヒ芸能」(5月5・12日合併特大号」で詳報されている。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
2
WBC「代替枠4人」候補に挙がる落選組「ベテラン投手」の名前
3
トヨタ社長交代でカーマニアが沸き立つ「あの名車」復活劇
4
「料理はプロ級の腕前」なのに…木村文乃が打ち明けた「衝撃の事実」
5
習近平のウソつき癖が治らない「春節期間中にコロナ感染爆発は起きなかった」の「死者隠蔽」実態