女子アナ

「地方を見下すな!」静岡にためらう竹内由恵に非難囂々

 何気ないひと言が、地方住民を一気に敵に回してしまうことになろうとは──。

 元テレビ朝日でフリーアナウンサーの竹内由恵が4月27日放送のバラエティー番組「上田と女が吠える夜」(日本テレビ系)に出演した時のことだ。

 19年に一般男性と結婚後、竹内は都内から静岡県に移住。仕事の際は静岡から東京へ通っているのだが、「今までのようには仕事ができない」といった内容を東京の知人に相談したところ「都落ちだなんて思わないで」と返答されたエピソードを明かした。

 竹内は静岡での暮らしについては「人生が生きやすくなって、すごくよかった」と語るなど、十分に満足している様子。ところが、正体を現すひと言を発してしまう。放送作家が苦笑する。

「竹内さんは新宿の伊勢丹で洋服を購入した際に配送をお願いした、というエピソードも話しました。それが『手が(荷物で)いっぱいだったので、配送して下さいって住所を書こうと思ったんですけど、静岡県って書くのが、なんかちょっと一瞬ためらいました』というもの。すると番組MCのくりぃむしちゅー・上田晋也がすかさず『都落ちだと思ってんじゃねーか』とツッコミ。それに対して竹内は『まったく思ってない』と全否定しつつも『心が静岡になっちゃってるから。なんかわからないですけど、ためらいがあった』と、意味不明な弁明を展開したんです」

 これには静岡県民のみならず、東京以外に住む視聴者もカチンときた様子で、「『ためらう』の意味が本気でわからないんですけど」「自分は静岡県民ではないけど、田舎住みとしては下に見られすぎてて心底不快です」「性悪女は静岡に来るな!大人しくタワマンにでも住んでろ!」など、不快感を露わにする声が大量に届いたのだとか。

 そんな反発の声に、いつか真面目に答える必要があるのかも。

(山田ここ)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
撤退バイデン「老害批判」のトランプに「当選すればお前こそ老いぼれ大統領」最高齢記録更新の大ブーメラン
4
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
5
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」