政治

宮崎謙介<巷の陳情>突撃調査隊「『ラーメン議連』は何の役に立ちますか」

 国会議員は様々な「議連」を作っていますね。最近では自民党の有志が「ラーメン文化振興議員連盟」(石破茂会長)を設立するとのこと。こうした議連は何の役に立っているのでしょうか。ほとんど趣味の会みたいにも見えますが、これは公的活動として、運営費には税金が使われているのですか。趣味的なものも含め、議連の実態と国民還元について、詳細を知りたいのです。

 具体的には業界団体の声を聞いて議論するのですが、そこには議員だけでなく、お役所の人たちも呼ぶのが議連=議員連盟です。

 例えば、運送業界団体の議連では、実際に運送業の運転手さんが参加して「小口配送の増加や人口減少などによる人手不足、激務化で困っています」という本音を吐露します。特にコロナ禍になり個人の配送が倍増、きっと大変でしょうね。

 つまり、国土交通省なり厚生労働省なりが管轄する問題を吸い上げ、打開策を見出していくのが議連です。

 ラーメン議連は「国のご当地ラーメン振興を通じて地域活性化を図ろう」というのが活動テーマです。発起人には田村憲久前厚生労働相や堀内詔子前ワクチン担当相が名を連ねていますが、彼らはラーメン好きだったのかもしれません。

 でも「元大臣」「ラーメン」という引きのあるパワーワードがあったから表に出ただけで、他にも議連はゴマンとありますよ。ありとあらゆる分野にわたり、「国酒(日本酒)を守る会」「タバコを守る会」というのもありました。その数はなんと、何百にも及んでいます。

 僕も議員時代は、50近くの議連に入っていました。地元の後援会から入ってほしい、とお願いされるケースもありますが、率先して自分がやりたいテーマを見つけて入ったり、作ったり。

 ちなみに僕は「キャリア教育推進連盟」から始まって、「日本・フィリピン友好議員連盟」などに入りました。「マイスター制度推進議員連盟」は率先して作りました。「自民党お祭り議員連盟」なんていうのにも入っていましたが、楽しそうでしょう。全国の面白いお祭りの主催者を呼んで、課題を聞くのです。

 あるいは、わりとなじみやすいライトな議連だけでなく、めちゃくちゃお堅い議連もあります。わかりやすく例えると、社会貢献をするガチなサークルです。

 一般企業でも、社員有志によるサークル活動を行っているところがありますよね。一時期は社員の高齢化や若い社員が参加しないなどの理由で減少傾向にあったようですが、企業内サークルは社員間の横のコミュニケーションを活性化するから有効なんだ、と話している社長もいます。

 それと同じで、議連も有志の集まりなのですが、あくまで党内で行うものなので、一般公開はしていません。会費もメンバーで決めますが、平均月一件500円から。これは歳費から引かれます。自分で立ち上げる際は党本部に赴き、手書きでのリストをその場でチェック。そこはぜひ、デジタル化してほしい(既にしているかも、ですが)。つながりのある議員に、自分が立ち上げてほしい議連があれば問い合わせをして、ぜひ作ってもらいましょう。

宮崎謙介(みやざき・けんすけ)◆1981年生まれ。早稲田大学商学部を卒業後、日本生命などを経て12年に衆院議員に(京都3区)。16年に議員辞職後は、経営コンサルタント、テレビコメンテイターなどで活動。近著に「国会議員を経験して学んだ実生活に即活かせる政治利用の件。」(徳間書店)。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
大政絢&ワンオクToruの結婚で「弘中綾香アナとの破局理由」が再注目されたワケ
4
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
5
村上宗隆もヒヤリ!ヤクルト歓喜のビールかけで田口麗斗が絶叫した「禁断のセリフ」