女子アナ

フジ井上清華、割れ目クッキリ四つん這いで髪を振り乱し…「ヌケる!」未公開映像

 5月6日、「めざましテレビ」(フジテレビ系)の公式YouTubeチャンネル「めざましチャンネル」が更新。メインキャスターを務める井上清華アナが自ら担当する企画「やってセイカ」の未公開映像が投稿され、そこで見せたあられもない姿がファンを悶絶させる事態となっている。

「やってセイカ」は、井上アナが最新スポットや話題のグルメ、カルチャーなどを体験取材するコーナー。5日の放送ではGWに楽しめる財布に優しいスポットを紹介し、東京ミッドタウンのイベントを訪れるVTRが流れた。

「YouTubeでは、その取材時の裏側を公開。そこでは井上アナが公園内に設けられた遊具ではしゃぎまくっていたのですが、空気が入った透明なビニールが連なる遊具に裸足で乗ると、バランスをとれずに四つん這いに。周囲で遊ぶ子供たちが激しく飛び跳ねるため立ち上がれず、翻弄されまくっていたんです。その間、カメラはハイハイ状態の彼女のヒップを後ろから捉え、ピタピタのジャージに浮かび上がったヒップの割れ目がクッキリ。大サービスの映像となりました」(女子アナウオッチャー)

 これに視聴者からも《四つん這いで髪を振り乱す清華ちゃん最高だな!》《夜の乱れっぷりしか思い浮かばない。完全にヌケるだろコレ》などと妄想の声まで飛び交い、ファンを大喜びさせた。

「彼女は昨年4月、フジテレビ女子アナらによる美容室の“ステマ疑惑”を報じられた一人だけに、当時は『めざまし─』への影響も懸念されました。しかし、メインを担当し始めた同3月末から今年4月1日までの21年度視聴率で、第2部(6時10分~8時)において民放同時間帯視聴率1位を獲得。この実績により、彼女がつけたミソは社内で完全にチャラ扱いになったと言われ、同時に加藤綾子に代わる『ホンマでっか!?TV』進行役の座もゲットしました。今回のような男性視聴者に向けたサービスを見せてくれれば、不動のエースアナの地位も遠くはないでしょうね」(芸能ライター)

 今回の動画のご機嫌なはしゃぎっぷりは、そんな順風満帆状態の表れなのかもしれない?

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
3
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
ロシア軍「超残虐行為」継続の裏に「殺戮マシーン」養成システム