芸能

矢沢永吉が「10年前の自分の姿」を見て言い放った「常識外のひと言」

 矢沢永吉は1972年、ロックバンド「キャロル」の中心メンバーとして鮮烈デビュー。今年4月3日にはデビュー50周年を記念して、東京、福岡、大阪の3都市でのツアー開催が発表された。御年72歳にしてなお第一線で活躍を続ける、まさに音楽界の「カリスマ」である。

 その矢沢のエピソードとして「ボクがいちばんビックリしたのは…」と回想するのは、タレントの関根勤。自身のYouTubeチャンネル〈関根勤チャンネル〉での告白である(5月16日)。

 それは四国で予定されていたライブでのこと。上陸予報のあった台風が、当日になってそれていったことに「台風いなくなっちゃったね。台風、知ってたんじゃないの。オレが四国に来るって」と、矢沢の口ぶりをマネた関根。リップサービスで、観客席のファンを沸かせたようだ。

 さらに、10年前に収録されたという自身のインタビュー映像を矢沢が見た際の秘話も。関根が言うには、

「たいていの人は『昔は若いね』とか『恥ずかしいこと言ってるね』とか『困ったね』って言うじゃん。矢沢さんはそれを見て『彼、売れるね。ブレてないもん』だから」

 真のカリスマは常識にとらわれないのだ。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
2
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
3
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
4
西武が狙う「3度目の駆け込みトレード」高レベルの投手をヤクルトに放出して打てる野手を…
5
大宮アルディージャから「バロンドール」候補入りか!J3独走でアンチだらけのFW杉本健勇がついに覚醒