スポーツ

掛布雅之 プロ野球開幕!「巨人VS阪神」の3つのポイント(2)

 開幕戦2つ目のポイントは、4人の先発投手の存在です。今年の巨人には、内海哲也、杉内俊哉、菅野智之、大竹寛という先発4本柱がいます。いずれもエース級の実力の持ち主なのは説明するまでもありません。一方、阪神の先発陣は能見篤史、メッセンジャー、藤浪晋太郎の3人。この4人と3人の差は、とてつもなく大きいのです。

 例えば、開幕3連戦でお互いにエースが投げ合ったとします。もちろん両チームとも最低でも2勝1敗、もしくは2勝1分で勝ち越したい。阪神は3連戦が終わった時点で3人の先発の柱を使い切り、次の中日との3連戦での勝率は格段に低くなり、2勝を数えられるほどの投手を温存しておくことが難しい。

 しかし巨人の場合、阪神との3連戦でそのうちの2人を投入すれば、次の横浜戦でも2人のエースを投げさせられ、2チーム目での勝負でも勝ち越せるチャンスが十分にあります。

 3連戦で2勝が計算できれば、年間の勝敗数もある程度計算できるでしょう。この巨人のエース4人という強みは開幕戦、その後のシーズンでも影響力を持つのです。

 おまけに、去年はWBCがあったおかげで、阪神戦での巨人のローテには杉内がいたものの、残り2戦は宮國椋丞に澤村拓一と、比較的軽いものでした。しかし、今年はWBCがなかった。しかも開幕戦ともなれば、どのチームも喉から手が出るほど勝ち星をあげたい試合です。巨人も内海や菅野といったエース級を用意して、確実に白星を取りにくるでしょう。この点も阪神は用心しなければならないポイントです。

 そして3つ目は、3月9日に行われたオープン戦での内海、阿部慎之助バッテリーの内角攻めです。あの試合でバッテリーは阪神のバッターに対して、しつこいほど内角を投げ続けました。あの投げ方は、どう考えても開幕戦を見越しての布石。阪神の打者に内角のボールを意識させて、開幕戦に臨もうとする意図があったはずです。

 しかし、それだけならまだ対策も考えられました。問題はそのあとの3月16日に行われた巨人対ソフトバンク戦で、先発・内海が5回8失点を喫したことです。内海はこの試合でも内角攻めを実行。その結果、ソフトバンク打線にあっけなく捕まってしまいました。

 そうなると、ますます読めなくなってくるのが内海の配球です。阪神戦には内角攻めでイメージ作りをしたものの、ソフトバンク戦ではあえなく失敗。これを阿部や内海がどう受け止めているのかが気になるところです。

 阪神戦ではかまわず内角を意識させた投球をするのか、外角を中心とした投球にするのか。これは阪神ベンチにしてみれば、非常にやっかいな心理戦です。

 この複雑な心理戦の対策法はただ1つ。とにかくよけいな深読みをしすぎて、みずから混乱しないこと。内角であろうが外角であろうが、どちらにでも対応できるように準備するのが重要です。

 片岡、井端の加入によって躍起になった坂本に、充実した先発陣。そして、オープン戦での内角攻め。この3つが、開幕戦で阪神が意識しなければならないポイントとなるでしょう。

◆アサヒ芸能3/25発売(4/3号)より

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ
2
アレ、胸が…!? 宇垣美里、可憐なワンピース姿に世の男性たちが目を疑った理由
3
前と横、後ろから!土屋太鳳「Fカップボディをまるごと味わえる投稿」が大好評
4
やはり大きくなってる!ローラのバストが“超絶進化”していたッ
5
関ジャニ∞村上信五の五輪キャスター就任に「ゴリ押しが過ぎる!」の声