スポーツ

サンスポ、水戸正晴の万券を生む血統論「サクラゴスペルが頂点に立つ」

20140403m

 今週は新中京競馬場で3度目となる「高松宮記念」が行われる。過去2回は人気馬同士の堅い決着で収まったが、“世界のロードカナロア”の引退により、今年は混戦ムード。はたして、春の短距離王に輝くのはどの馬か。

 昨年の覇者であり、GI6勝のスプリント界の帝王ロードカナロアが引退したことで一転、今年の高松宮記念は混戦の様相を呈している。GI勝ちの看板を掲げるのは、リアルインパクト1頭のみ。それも前走のオーシャンSでは、休み明けだったとはいえ、8着と人気を裏切っている。そのオーシャンSで圧倒的支持を得ていたハクサンムーンも失速して13着の完敗だった。女版カナロアの声も上がるレディオブオペラも、前走シルクロードSでストレイトガールにあっさりと差し切られ、化けの皮が剥がれた印象だ。

 そんなこんなで抜けた馬が見当たらず、いずれが勝っても不思議はない。

 6ハロン戦のこのGIは、毎度のことペースは速くなる。今回も顔ぶれからハイペース必至だ。

 逃げてこその馬は、コパノリチャード、ハクサンムーン、そしてレディオブオペラの3頭。いずれも人気を集める有力馬だ。みずからのスピードを信じて駆け引きなしに行くと思われるが、この3頭に絡む先行勢ストレイトガール、スマートオリオン、レッドスパーダらも有力どころだけに、これはどう見ても緩い流れにはなるまい。

 ならばその後ろ、差し脚を武器にしている馬が展開上有利にならないか。12年に新装された中京は、直線が長くなったのが特徴。好位で立ち回れ、しまい切れる馬に目をつけようではないか。

 最も期待を寄せてみたいのは、そんな1頭、サクラゴスペルだ。

 3カ月ぶりの東京新聞杯を使っての一戦。7着といっても勝ち馬とはコンマ4秒差だった。本番に向けて格好の“叩き台”となったと言えそうだ。

 昨年のスプリンターズSも休み明けを一度使われて臨み、穴人気(4番人気)となったが、体重が12キロ減ったことが響いて11着と敗れた。今回も同じ轍を踏む‥‥と皮肉られそうだが、断じてそうならない。この時は暑さが残る9月。今回は、まだ寒い3月の競馬というところがポイントだ。

「とにかく暑さに弱い」と厩舎関係者が口をそろえるように夏場に良績がない。全勝ち鞍の7勝は11月~3月にあげたもの。このへんは知っておいて損はない。

 それから、この高松宮記念は3年連続の挑戦。一昨年は9着(勝ち馬とはコンマ5秒差)、昨年は4着(同コンマ3秒差)。

 一昨年はオープンに昇級したばかりで、いきなりのGI挑戦。ま、やむをえない結果だ。昨年は休み明けのオーシャンSを勝って臨んだが、落ち着きを欠いていたことを思うと“2走目のポカ(2走ボケ)”だったのではないだろうか。いずれにせよ、敗因がはっきりしていたことは確かだ。

 そしてもう一つ強調しておきたいことがある。サクラゴスペルは多少、長距離輸送に弱いところがあるが、中京の両レースとも前走比の体重で大きな変動はなかった。前走の体重は484キロ。これは、この馬のほぼベスト体重だけに、期待が持てるというものだ。

 1週前の追い切りでは併せ馬で軽快な動きを披露しており、尾関調教師は、

「追われてからの反応がよく、これまでと違って頭を下げ、実にいいフットワークでした」

 と仕上がりぶりに目を細めていたほどだ。母系は北米のGI血脈。頂点に立つにふさわしい血統馬だ。

 穴中の穴は、インプレスウィナーだ。ベストは7ハロン戦だが、前2走はともに6ハロン戦で、強烈な末脚で見せ場を作っていた。スプリント戦の対応力は十分備わっていると見た。こちらは典型的なサウスポー。充実ぶりが目立つ今なら“一発”があっていい。

 そもそも堅く収まるGIとして知られる高松宮記念ではあるが、今年は様相が違って、ひと波乱ありだ。

◆アサヒ芸能3/25発売(4/3号)より

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」