スポーツ

ミスター・長嶋茂雄「好き・嫌い」の境界線(2)寵愛したら付きっきり指導

 もちろん、前人未到の挑戦者にも興味津々だ。中でも、投手と野手の「二刀流」で大車輪の活躍を見せるエンゼルス・大谷翔平(27)に熱いまなざしを送る。

「日本ハム時代から、公私にわたって野球一筋の姿勢に惚れ込んでいました。初めて1番・投手で起用された16年7月3日のソフトバンク戦で、先頭打者ホームランを放った時もミスターは大はしゃぎでした。同日はミスターの名前が冠になったプロゴルフツアーの最終日でしたが、帰りのハイヤーを待たせてまで、ゴルフ記者たちに大谷の活躍について熱弁を振るっていましたよ」(球界関係者)

 昨季、日本人大リーガーのシーズン本塁打記録こそ抜かれてしまったが、ミスターが最も心血注いだ愛弟子といえば松井秀喜氏(48)だ。

「長距離打者の素質以上に、やはり野球に対する真面目さをミスターは気に入っていた。時には、田園調布にある自宅の地下室に呼んでマンツーマンで打撃指導をすることもありました。夜中に松井が寮に帰っても休む間もなく『今から服を脱いで素振りをしなさい』と、ミスターから電話指令が入るのは日常茶飯事。ミスターは受話器越しに素振りの音を確認するのですが、バットの風切り音ではなくて、腰を回す際にキン○マが腿にバチッと当たる音を聞いていたともっぱらです」(スポーツ紙デスク)

 この一風変わった練習こそ、“巨人4番1000日計画”の要所となっていた。かつて 巨人コーチ時代に右腕としてミスターを支えた黒江透修氏が明かす。

「バットの軌道を最短距離にして、インパクトのタイミングで最大出力を出す、チョーさんなりの指導方法でしょう。第1次監督時代には、球場の通路や宿舎の風呂場など、思いついたタイミングで選手たちに指導をしていました」

 時間や場所にこだわりがないのもミスター流。もっとも、松井に先んじてミスターの寵愛を受けた第1号は、他ならぬ篠塚和典氏(64・当時は利夫)だった。

「アマチュア時代から素質に満ち溢れていた。甲子園でも木製バットでスタンドまで打球を飛ばしていたから『クロちゃん! 篠塚ってのはいい選手だねぇ~』なんてベタ褒めでしたね。何よりチョーさんをトリコにしたのは、篠塚の探求心旺盛な練習姿勢。会話の中で、新たに浮かんだ疑問やアイデアをコーチや監督に投げかけてくるんです。特別、直すところもないのに付きっきりで指導していましたよ」(黒江氏)

 ミスターが目をかけた一番弟子は稀代のアベレージヒッターだったのである。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
大政絢&ワンオクToruの結婚で「弘中綾香アナとの破局理由」が再注目されたワケ
5
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美