政治

何をしでかすか分からない…中国「オミクロン株散布で台湾を殲滅」の仰天情報

「いかなる台湾独立の企ても断固粉砕する」「中国軍は戦うことを惜しまない」

 これは、中国の魏鳳和国務委員兼国防相の発言である。

 魏氏が強硬発言を放ったのは6月10日、アジア安全保障会議に出席のため訪れたシンガポールで、ロイド・オースティン米国防長官と会談したときのこと。オースティン氏が台湾問題の情勢悪化の回避をすべく融和を呼び掛けたのに対し、中国側が見せた露骨な姿勢は、ウクライナに対するロシアの対応と似たものを感じさせた。

 一方の台湾は、新型コロナウイルス対策の「優等生」と言われていたものの、目下、オミクロン株の感染拡大が止まらず。一日当たりの新規感染者数は4月28日に初めて1万人を突破、6月12日も5万人超となっている。

 サイエンスライターが言う。

「22年3月、中国では上海を中心にオミクロン株が広がりました。一方、台湾も拡大し始めたのは3月下旬です。台湾は島国であり、厳重な検疫でウイルスの侵入をそれまで防いできたのですが、もっぱら中国からもたらされた可能性が高いとの見方が大半です」

 そんな中、ただならぬ事態を指摘する声もあるという。

「中国軍機がたびたび台湾の防空識別圏に侵入しているのが、非常に気にかかります。もし空からオミクロン株をバラ撒けば、ウイルスはいとも簡単に台湾社会に深刻なダメージを与えることになりますからね。中国は上海でロックダウンを続けたことが奏功し、ひとまず落ち着いた。ところがそれとは対照的に、隔離措置の緩和でウイズコロナに舵を切った蔡英文政権が窮地に立たされている。台湾には中国と距離を置こうとする蔡政権に対し、『両岸(中台)交流を積極的に促進する』とする勢力がある。コロナ対策の失敗で蔡政権が退陣すれば、武力行使なしで祖国統一のチャンスが巡ってくるわけです」(軍事ジャーナリスト)

 魏氏は安全保障会議の演説でも、台湾を独立させる動きに対し「我々は戦争をいとわない。代価を惜しまず最後まで戦う」と釘を刺し、台湾が自国の領土であることを主張している。習近平政権が何をしでかすか分からない状況にあることは確かだろう。

(蓮見茂)

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
2
岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
村上佳菜子「こぼれ出るバスト」「ドテ高」が大注目された「脱ポチャ」ボディ
4
本田望結が「男性経験人数」をカミングアウト!結婚するのは24歳で…
5
「有村架純のバストを揉みしだく」禁断映像の一斉配信に異常興奮と嫉妬の嵐!