政治

「政教分離」が聞いてアキレる!政治家と宗教「ズブズブ暗黒史」(1)出るわ出るわの「癒着報道」自民党議員が血眼で「逃げ道探し」

 もはや怒りを通り越して、嗤うしかない様相である。

 ほかでもない。安倍晋三元総理の銃撃殺害事件以降、次々と白日のもとに晒される政治家と旧統一教会(世界平和統一家庭連合)との「ズブズブぶり」である。中でもドタバタ状態に陥っているのが自民党だ。同党の有力中堅議員が明かす。

「自民党と旧統一教会との関係について、茂木(敏充)幹事長は『党として組織的な関わりはない』と釈明した。しかし、壊れたパチンコ台じゃあるまいし、出るわ出るわの数珠つなぎ連チャンがここまで続けば、幹事長の釈明など、有権者の目には苦しい言い訳としか映らない。実際、党内では今、『(関係が)次にバレるのはオレかも』『いや、アイツだってかなり怪しい』などと、悲鳴にも似た声が湧き上がっている。旧統一教会問題に絡めて言えば、さながら『アイゴー!』といったところかな(苦笑)」

「アイゴー」は嬉しい時、あるいは悲しい時などに使われる朝鮮語の感嘆詞である。旧統一教会の合同結婚式は「マンセー(万歳)!」とともに「アイゴー!」の大合唱に包まれるが、自民党内で上がる悲鳴はさながら「神様、助けて!」にも近い「アイゴー!」だというのだ。自民党の有力中堅議員が続ける。

「スネに傷を持つ自民党議員ら、例えば旧統一教会の関連団体の集会に祝電を送ってしまった、あるいは関連団体が主催する会合で挨拶してしまった、などの過去を持つ議員らは今、『旧統一教会の関連団体とは知らなかった』との説明で言い逃れできないかと、血眼で逃げ道を探している。しかし、これもまた、有権者を怒らせるだけ。献金や選挙運動員の提供などを受けてしまった議員らは、さらに厳しいだろうね」

 吉本新喜劇も真っ青のドタバタ劇。こんなものは嗤い倒すしかない。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
2
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
3
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション
4
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
5
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」