エンタメ

なんと!夏の定番アイス「サクレ」がガチャガチャで増殖…ライトまで点いた

 暑い暑い暑い。今年の夏はとにかく暑い。おかげで我が家のアイス消費量は史上最高。冷凍庫にはアイスをびっしりと買いだめしないと、不安でなりません。

 テレビの情報番組か何かで、気温が22~23℃を超えるとアイスクリーム、30℃を超えると氷菓やかき氷が売れるようになるとやっていました。

 なるほど、どうりで「ガリガリ君ソーダ」(税込76円/赤城乳業)にばかり、手が伸びるはずです。

 夏といえばやっぱり「ガリガリ君」です。定番の“ソーダ”味はもちろんですが、特に、この時期。期間限定で販売される「梨」味の美味しさときたら…。スーパーやコンビニで見つけたら、ぜひお試しあれ。

 そして、「ガリガリ君」と双璧をなす夏の定番アイスといえば、そうです。「サクレ」(税込143円/フタバ食品)です。こちらも「あずき」「白桃」「オレンジ」「いちご」など、数々のフレーバーが発売されていますが、そこはぶっちぎりで「レモン」でしょう。

 ほどよい酸味のレモン味、「サクサク食感」のかき氷の上に輪切りのレモンが載っているところも、なんともエモいではありませんか。1985年発売といいますから、かれこれ37年、日本の夏を支えてくれています。

 この夏、そんな「サクレ」に異変が…。

 なんと! 「サクレ」がポーチやガチャガチャに姿を変えて増殖しているのです。サクレそっくりのポーチ(写真上段左)は、ファスナー部分にレモンの輪切りのチャームがついている(税込1969円/宝島社/ファミリーマート限定販売)。大きさは本物のサクレ(写真上段右)がスッポリ入る感じです。

 そして、ガチャガチャです。「サクレライト」(500円/キタンクラブ)は「レモン」のほかに「オレンジ」「あずき」「パイン」があります。「レモン」は、現行パッケージ(写真下段左)と「あの頃のサクレ」(写真下段右)なる2001年販売時のパッケージを模したものの2パターンと、絶妙にファン心理をくすぐってきます。

 しかも、こちらは写真のように、蓋を外してレモンを押すとライトが点く、という凝りよう(「レモン」以外のものも、蓋を外して上部を押すと点灯します)。暑さを癒やしてくれるだけでなく、遊び心で楽しませてくれる「サクレ」に感謝。

 この「サクレ・レモン」、アイスとして食べるのはもちろんですが、輪切りのレモンとかき氷をグラスに入れ、焼酎と炭酸を注いでレモンハイにするのも、また一興。真夏の夜の「サクレ」、大人ならではの楽しみ方です。

(カプセルタロウ)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
2
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
3
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
4
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
5
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」