芸能

「80年代アイドルBIG3」波乱万丈のアラ還ライフ秘話(1)中森明菜に出演オファーの争奪戦が勃発

 デビュー40周年のメモリアルイヤーに、中森明菜が5年間の沈黙を破り、SNSで「電撃復帰」を表明。早くも紅白出場情報が飛び交う中、アイドル全盛の80年代に火花を散らした松田聖子と小泉今日子の周辺も騒がしくなってきた。熟してなお輝きを放つ、BIG3の「アラ還ライフ」秘話をお届けしよう。

〈長い間、ご心配をおかけしており申し訳ありません。ほんの少しですが、体調が良くなってきましたので、この度、お手紙を書かせていただこうと思いました〉

 8月30日、ツイッターに開設されたアカウントのつぶやきに、ファンは歓喜の声を上げた。17年末のディナーショー以降、公の場から姿を消していた中森明菜(57)が、突如、再始動と新事務所「HZ VILLAGE」の設立を報告したのだ。

 16歳の時にシングル「スローモーション」でデビュー。2枚目の「少女A」で早くもヒットを飛ばし、歌姫の道を歩んだ明菜にとって、今年はデビュー40周年を飾る記念すべき年でもある。

〈まだ万全な体調とは言えません〉としながらも、

〈ゆっくりになってしまうと思いますが、歩き出していきたいと思いますので、どうか見守っていただけると嬉しいです〉

 こう前向きなメッセージをつづり、大きな一歩を踏み出した。それでも、波瀾万丈の人生を送ってきた明菜らしく、早くも不穏な空気が漂う。民放ワイドショーの芸能デスクが苦笑いしながらこう明かす。

「SNSどころか、スマホも持っていないようで、最初はツイッターのアカウントが本物かどうかもわからなかった。復帰宣言についても、所属のレコード会社は事前に知らされておらず、寝耳に水だったそうです」

 再始動にあたり、これまで恋人と報じられ、公私ともに支えてきたマネージャーA氏との関係にも大きな変化が起きたようだ。芸能デスクが続ける。

「情報が錯綜しているのですが、すでに『訣別』したとも言われ、連絡してもつながりませんでした。『女性セブン』(9月22日号)でも、都心のオフィス街のビルに会社が設立され、代表取締役に明菜、監査役に敏腕弁護士が就任。A氏の名前はなかったと報じています」

 どうやら、今後の音楽活動は新体制で展開していくことになりそうだが、「節目の年」とあって、ファンの期待は高まるばかりだ。

 4月30日には、NHK BSプレミアムで、1989年に全シングル曲を披露したライブ映像「伝説のコンサート 中森明菜スペシャル・ライブ1989リマスター版」が放送されて大反響を呼び、7月9日には、地上波で異例の再放送が行われた。これに慌てたのが「民放の音楽番組を担当するテレビマンだった」と、スポーツ紙記者が言う。

「年末の特番で明菜特集を組むため、各社、出演オファーの争奪戦を繰り広げていますよ。しかし、一足早くNHKが密着しているという話も聞きました」

 すでに、明菜の身辺が騒がしくなっていることは、間違いなさそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
2軍暮らしに急展開!楽天・田中将大⇔中日・ビシエド「電撃トレード再燃」の舞台裏
2
不調の阪神タイガースにのしかかる「4人のFA選手」移籍流出問題!大山悠輔が「関西の水が合わない」
3
ボクシング・フェザー級「井上尚弥2世」体重超過の大失態に「ライセンスを停止せよ」
4
新庄監督の「狙い」はココに!1軍昇格の日本ハム・清宮幸太郎は「巨人・オコエ瑠偉」になれるか
5
「メジャーでは通用しない」藤浪晋太郎に日本ハム・新庄剛志監督「獲得に虎視眈々」