芸能

「80年代アイドルBIG3」波乱万丈のアラ還ライフ秘話(2)中森明菜が復帰への道に至った理由

 活動休止状態にあった5年間で、どんな日々を過ごしていたのか。芸能プロ関係者が語る。

「ほとんど家から出ることなく静養しているそうです。コロナ禍前にしても、世田谷区の行きつけのレストランで何度か目撃しました。が、いつも気分転換を兼ねてか、1人きりでしたね」

 新たなオフィシャルサイトとツイッターのアイコンでは、日差しが差し込んだ部屋で、花柄模様の紺のニット姿の明菜が満面の笑みを浮かべている近影が使われていた。

 それだけでも、健康面の回復が窺えるが、気になるのは、収入源だろう。芸能デスクが解説する。

「印税とファンクラブの会費以外では、タイアップキャラクターを務めるパチンコ台関連が大きい。『CR中森明菜・歌姫伝説』シリーズは、芸能人のパチンコ機種で断トツ人気。15年以上、根強いファンに支えられています」

 復帰後はパチンコ台を制作する会社がバックアップするという声も聞こえてくるが、芸能プロ関係者はこう先読みする。

「休止期間が長すぎて、いわゆるタニマチ的な存在はだいぶ離れました。しかし、昔から明菜には鋭い動物的なカンがあり、再始動すれば、明菜の名前に惹かれて、バックアップするところが必ず現れると思っているはずです」

 圧倒的な歌唱力とカリスマ性でファンや支援者の心を鷲掴みにする一方、妬み嫉みが渦巻く芸能界で“足かせ”もあった。だが、それがなくなったことも動き出した要因の一つだという。

「芸能界で顔役のある人物に、陰険な嫌がらせをされていました。先に明菜のツアーの会場が決まっていたのに、『明菜が使うなら、今後は一切、そちらの会場は使わない』と、会場側に圧力をかけられ、変更を余儀なくされたことも。当然、逆らうことはできず、心労が絶えなかった。ただ、その人物の影響力が弱まったことで、明菜の始動に追い風となっています」(芸能プロ関係者)

 となれば、注目は復活の時期だ。芸能評論家の平田昇二氏はこう見る。

「最有力はNHK紅白歌合戦ですね。昨年は過去最低視聴率に沈み、局内では若者の視聴者に媚びるのではなく、昔の紅白に戻そうという意見が出ています。そこで、デビュー30周年の大黒摩季(52)、35周年の工藤静香(52)、40周年の小泉今日子(56)のアニバーサリー歌手に加え、純烈&ダチョウ倶楽部のコラボユニットが猿岩石の『白い雲のように』をカバーリリースしているので、ゲストに有吉弘行(48)を呼びたいところ。そして、最大の目玉が明菜。本人にとっても大々的に復活を宣言する場になり、可能性は高い」

 実現すれば、8年ぶりのこと。当時はニューヨークから生中継で出演。今回も同様にアメリカからの出演が有力で、移住説も浮上している。

「レコーディングなどでたびたび渡米していますが、特にロサンゼルスがお気に入りなんです。復活しても東京に住んでいれば、騒がれるのは必至。以前から周囲に、『ロスに住んでみたい』と話していたこともあり、ノビノビとした空気のもと、自分のペースで仕事をするために、ロス移住に前向きだと言われてます」(スポーツ紙記者)

 どこを拠点にしても、歌姫の独特なハスキーボイスが待ち遠しいかぎりだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」