スポーツ

日本名輪会・山口健治「江戸鷹の目診断」脇本が「無傷の4連勝」で連覇を飾る

「向日町記念」◎脇本雄太/○古性優作/▲清水裕友/△宿口陽一/村上義弘/佐藤友和/成田和也/稲川翔/鈴木裕/小原大樹/坂井洋/石原颯

 大本命のガード役でも、無風で回れればチャンスはある。

「向日町記念」(9月24日【土】~27日【火】)には、ここまでの4冠を2冠ずつ分け合うツートップが登場する。2人の連係実績は群を抜き、しかもラインは長くなる。無理に高配当を狙うより、3着の穴候補を探すほうが正解と言えそうだ。

 脇本雄太が昨年に続き、無傷の4連勝で連覇するとみた。現時点で前走・共同通信社杯の成績はわからないが、連勝街道を突き進んでいてもおかしくない。脇本─古性優作に村上義弘─稲川翔がつければ、近畿は4車ライン。後方に引いても6番手の脇本が一気のまくりで決着をつける。

 対抗の古性はヨコも強く、競りかける選手が出てきても負けるはずがない。無風で回れるようなら差し切り逆転がある。

 あとは涼しくなって動きに鋭さが出てきた清水裕友と、タイミングよく仕掛ければ宿口陽一の台頭か。

 この地元記念を3度制している村上義は、今回はアシスト役に徹する。かつての闘将も48歳になった。近畿勢から優勝者を出すために、これ以上の作戦参謀はいない。

 機動型の中では、石原颯のスピードが一枚抜けている。清水の前で先行1車。脇本のワンマンショーに真っ向勝負を挑めば、得るものがあるはずだ。

【大穴この1車】

 武藤篤弘(埼玉・95期)。

 S級戦の3日間で掲示板に1度載るかどうかなのに、記念とGIIIの3場所では〈0156〉と3連対率5割と健闘している。5月宇都宮記念(〈6〉〈3〉〈3〉〈9〉)の3着2本が2万9630円と9990円。ファイナリストになった4月GIII青森(〈3〉〈3〉〈3〉〈6〉)は、順に17万円超、2万円超、1万円超だった。1月高知記念(〈4〉〈5〉〈2〉〈4〉)の3日目でも4万円超を演出している。筋違いが多く点数は絞りにくいが、1本は出す。

【狙い目の伏兵3人】

 吉田有希(茨城・119期)は、西武園オールスターの5走で3着を外したのは1走(4着)だけ。競走得点も110点を超えている。関東の先頭で準決勝クリアを期待したい。

 中部の新たな若手先行として力をつけてきたのが、橋本優己(岐阜・117期)だ。逃げても粘る脚があり、予選は突破できる。

 今期S級入りした中嶋宣成(長野・113期)は、強い選手を輩出しているスピースケート出身の32歳。苦戦しているものの運動能力は高く、そろそろ大化けがあってもいい。

山口健治(やまぐち・けんじ):1957年1月、東京都荒川区生まれ。競輪学校38回生卒業チャンピオンとしてデビュー。主なタイトルは日本選手権、競輪祭(2度)。09年1月引退。現在「スポーツ報知」評論家。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
3
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇
4
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!
5
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…