スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「マリアズハートが能力全開」

 残暑に身悶えしている今日この頃だが、10月を迎える今週、秋の中山開催の最後を飾るのは、恒例のGIスプリンターズSだ。

 芝1200メートルで行われる電撃の6ハロン戦は、これまで数々のドラマを生んできた。世界のトップに躍り出た傑出したスピード馬も何頭かおり、国際的にも高く評価されているGI戦。今年もスプリント戦に初挑戦するシュネルマイスター(NHKマイルC勝ち。マイルCS、安田記念僅差2着)を筆頭として、スピード自慢がズラリと居並ぶ豪華版である。

 いずれの馬が頂点に立つか、目を離せない熱戦が繰り広げられることと思うが、とにもかくにも一筋縄では決まるまい。台風などで雨が多かった秋の中山開催だが、馬場が荒れてきた最終週、直線に坂があることもあり、スピードだけで押し切れるかどうか。そのあたりが微妙に影響しそうでもある。

 まずは過去のデータを見てみよう。02年に馬単が導入されて以降、これまでの20年間、その馬単での万馬券は4回(馬連は1回のみ)。であれば比較的穏やかな配当で決まっているように思えるが、この間、1番人気馬は8勝(2着3回)、2番人気馬は2勝(2着8回)、1、2番人気馬によるワンツー決着は3回しかない。やはり順当な決着をみることは少なく、いわば中穴傾向のGI戦ととらえてよさそうだ。

 年齢的には他の重賞同様、素質開花した4歳馬、充実著しい5歳馬の活躍ぶりが目立っているが、古豪の6歳馬も5勝(2着1回)と侮ってはいけない。

 また、怖いのは3歳馬。出走してくることはそう多いとは言えないが、昨年ピクシーナイトが勝利したように、よく上位争いを演じており、2勝(2着1回)をあげている。今年で言えばウインマーベルナムラクレアなどは要注意馬と言えるだろう。

 悩むところだが、最も期待を寄せてみたいのは、マリアズハートだ。

 6歳馬は侮れないと前述したが、最右翼とみられるシュネルマイスターは安田記念以来のレースであり、また6ハロン戦は初めて。そのへんに一抹の不安があることを思えば、経験豊かなこの馬の出番があってよく、チャンスありとみてイチオシしたい。

 人気薄であることも穴党としては大いに食指が動くが、実際、芝6ハロン戦の実績はなかなか。しかも中山でのそれは〈3 3 0 2〉。連対を外した2回は、休み明けで勝った次のレースで大幅な体重減が影響したものと、最内枠を引いたことが災いして、道中、進路をふさがれたことによるもの。

 いわば敗因がはっきりしているわけで、この馬にとって中山の芝1200メートル戦は、能力を全開できる格好の舞台なのだ。狙わない手はなかろう。

 状態もすこぶるいい。前走のアイビスSDは7着に敗れたが、2カ月の休み明けのうえ、不利な内枠(3枠6番)だったため、やむを得ない結果だった。しかし休み明けを一度使われた今回は、厩舎関係者の思惑どおり、中間、大幅な良化ぶりを見せている。

「6歳馬だが元気いっぱい。馬体が締まって、実にいい雰囲気にある」

 菊沢調教師をはじめ、厩舎スタッフは、そう言って仕上がり状態のよさを強調する。

 1週前の追い切りは軽快かつリズミカル。走れる態勢にあることは間違いなさそうだ。

 父シャンハイボビーは、GI米BCジュヴェナイルの覇者で、母の父マライアズモンも米GIシャンペンSの勝ち馬。一流血脈の母系でもあり、血統的に見てもこの舞台で頂点に立っていい存在。パワーも兼ね備えており、晴雨にかかわらず大きく狙ってみたい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
2
「孤独のグルメ」見た勘違いドライバーが続出!猛烈寒波の北海道での「観光地獄」
3
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
4
巨人・丸佳浩に原監督の「冷酷ダメ出し」崖っぷち外様の悲哀
5
ウクライナ軍の「大規模奪還作戦」3月開始が判明!でもロシアに「勝ちすぎて」プーチンがヤバイ行動に…