政治

「総理・総裁を狙う」の噴飯!旧統一教会問題へのダメダメ対応で茂木幹事長に「党内大ブーイング」

 9月30日、自民党は旧統一教会(世界平和統一家庭連合)と党所属国会議員との接点に関する追加点検結果を公表した。

 ところが、旧統一教会が主催した会合への出席を認めていた山際大志郎経済再生相の名前が、追加公表の議員名リストから漏れていたことが発覚。さらに当初、追加点検結果は茂木敏充幹事長が会見で公表する予定だったが、急遽、当の茂木氏の意向によって、担当記者だけのオフレコ懇談会に切り替えられるなど、ドタバタが絶えない。

 そんな中、自民党内では今、旧統一教会問題での不手際対応が続く茂木幹事長へのブーイングが、燎原の火のごとく広がり始めている。自民党の有力派閥幹部は、

「もともと岸田(文雄)総理は、点検結果の全面公表を主張していた。9月6日に自民党本部4階の総裁応接室で開かれた役員会議でも、岸田総理は『接点のあった議員の氏名は全員、公表すべきだ』と迫り、遠藤(利明)総務会長も、岸田総理の考えを支持していた」

 こう明かした上で、次のように指摘するのだ。

「ところが、茂木幹事長が『秘書が勝手に祝電を送ったケースもある。全員の氏名公表はすべきではない』と強く抵抗し、結局、世耕(弘成)参院幹事長の折衷案を取り入れる形で、接点のあった179人のうち121人の氏名公表が決まった。第1回目の報告から全員公表に踏み切っていれば、その後の流れもいくらかは変わったはず。その意味でも茂木幹事長は、最初からボタンをかけ違えていた。追加公表へと至るその後の不手際は見ての通りで、茂木幹事長に対する党内ブーイングは日増しに高まっている」

 さらに、別の有力派閥幹部も、次のように畳みかけるのだった。

「茂木さんの『威張る』『怒鳴る』は、党内では有名。否、最初の点検結果を公表した際の会見でも『調査』という言葉を使った記者に対して、憮然たる表情で『調査ではなく点検だ!』と押し返している。その横柄な感じは、国民にも伝わったはず。茂木さんはポスト岸田レースも含めて、総理・総裁の座を虎視眈々と狙っているとも言われ、ここ数年、ワタツネさん(渡辺恒雄読売新聞グループ本社代表取締役主筆)のもとに足を運び、総理・総裁になるための帝王学を学んできた、との噂も耳にする。しかし、今回の一連の不手際と生来の気質は、今後、頂上決戦へ向けての大きな障害になるかもしれない」

 旧統一教会問題への対応を党に丸投げしていた岸田総理のツケが、巡り巡って茂木幹事長の身に降りかかってきたということか。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった