スポーツ

決定!2022完全版「プロ野球ワーストナイン」表彰式〈投手編〉(1)田中将大に「昔の投球」を期待するのは大間違い

 両リーグとも最高年俸のエースがふがいない成績でチームはBクラス。「過去の栄光」は見る影もなくなっている。若手も含めて伸び悩むピッチャー陣に活を入れてもらおう。

 セのワースト先発投手は巨人の菅野智之(33)。借金投手となった昨年(6勝7敗)よりは盛り返したものの、巨人のエースが10勝7敗ではBクラスも当然だろう。年俸は6億円(推定、以下同)=1勝あたり6000万円に相当する。元阪神エースの江本孟紀氏が、

「年俸に見合わずワーストも致し方なし。ピンチで武器のスライダーを投じて打たれている。どんな好投手でも年を取るほど過去の成績を維持できなくなる。ダルビッシュ(有=36)を見習ってほしい」

 と語れば、元西武監督の伊原春樹氏も、

「体にガタがきているのかもしれない。野球人生の勝負どころでもあり、気持ちを入れ替えて頑張ってほしい」

 とエールを送る。このままでは、来季の開幕投手を戸郷翔征(22)に奪われるかもしれない。

 一方のパは、楽天の田中将大(33)。菅野を上回る年俸9億円の球界トップ投手は9勝12敗。1勝あたり1億円という体たらくだ。

 開幕直後は5勝1敗で防御率もよかったが、シーズンを通じると4点以上の自責点ゲームが8試合と後半になるにつれ、精彩を欠いてきた。

 この点について、伊原氏の分析はこうだ。

「若い頃の球速と同じでコーナーに丁寧に投げているけど、甘くなるとスコーンと打たれてしまう。昨年は4勝9敗でしたが、防御率は3.01。自責点4点以上は5試合で僅差負けが多かった」

 江本氏はQS(クオリティ・スタート)率を落としていることを指摘。ちなみに昨季のQS数が17試合に対して、今季は14試合だ。

「いい時のピッチングをしようとするが、スライダーを狙い打たれている。ファンが好調時のような期待をするのは間違い。昔の状態をキープしていればアメリカにいますよ」

 と一刀両断だ。田中と同じ甲子園優勝投手である元ロッテの愛甲猛氏は、

「年俸に見合わないのは確かだけど、9勝12敗ながら防御率3.31で試合は作れている。味方が点を取れないのも不振の要因だね」

 と、マー君登板時の得点力不足を挙げる。

 いずれにせよ、9億円の活躍ができなければ、パのWVP(ワースト・バリアブル・プレーヤー)とされてもしかたがないだろう。

 チームの打撃力が弱い点は、田中と同じく最多敗戦(11敗)を喫した中日の柳裕也(28)にも共通する。

 暗黒時代の阪神6年間で61勝69敗、リーグ最多敗戦も経験した江本氏は、

「最多敗戦は別の意味で投手の勲章です。途中降板なら負けもつかないからね。防御率(3.64)はよくないけどね」

 パでは田中に次ぐ11敗を喫したロッテの小島和哉(26)は、昨季の防御率3.76(10勝4敗)に対して今季は3.14にアップ。「防御率は昨年より上昇しており、チーム打率2割3分はリーグ最下位。あまりに打てなさすぎるのが最大の要因です」

 と、伊原氏も異口同音に最多敗戦をかばう。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
キャンプ激震!西武ライオンズに再燃する「身売り話」の深刻事情
2
深田恭子「貴重な最新ショット」に「安堵」の一方で「気遣い」の声が出たワケ
3
「中に出して!」篠田麻里子のドロ沼不貞で浮上した「激しすぎる車中の情事」
4
これはいったい何が…深田恭子「激変した姿」の衝撃度
5
深田恭子、細腕に「筋」が浮いた“激ヤセ”写真に心配の声が止まらない!