社会

マッチングアプリが駆逐した「必要性を感じない」夜の店「二極化」の現実

 夜の店と聞いて、真っ先にキャバ店やスナックを思い浮かべる人は多いだろう。若く美しい女性の接待を受け、大金を使うのは、古くから男のステータスでもあった。だがここ最近、街を歩いてみると、明らかにその軒数が減少しつつある。

 その一方で目立つのが、ガールズバーやメイドなど、コスプレをした女の子と飲めるコンセプトカフェ(写真は、コンセプトカフェやガールズバーの客引きが目立つ大阪ミナミ)。なぜ今、キャバ店は衰退しつつあるのか。実際に調査を行うと、

「会社の飲み会に参加しない、いわゆる『職場飲み会離れ』で、若い人が来なくなったんです。もともと女の子目当てで飲みに来ていた中高年の男性客が、コロナ禍で出歩かなくなったことも原因ですね。コロナ禍で接待経費が使えなくなったことも、大きいと思います」(大阪の接待嬢)

 ひと昔前であれば、新社会人は会社の上司に連れられ、あるいは接待と称してキャバ店に連れて行かれ、遊びを教わった。だが今は、上司が無理に飲み会に誘うことはパワハラにあたるため、職場の飲み会は格段に減ってきているという。

 だが、ガールズバーやコンセプトカフェは、男性の若者客で溢れている。コンカフェに来ている20代の男性客は、キャバ店に行かない理由を、次のように語った。

「だって、高いじゃないですか。女の子とお酒を飲むだけなのに、1万円以上も払いたくないんですよね。それに今は女の子と飲みたければ、マッチングアプリですぐに出会える。友達と飲んでいて女の子と飲みたくなっても、3000円程度のコンカフェやガールズバーに行けばいい。(わざわざキャバ店に行く)必要性を感じませんね」

 マッチングアプリの普及により、女性と手軽に出会うことができる今時の若者にとって「いい店でいい女性と飲みたい」という願望は、古いと感じるのかもしれない。ハイブランドを持たず、手頃なプチプラ(プチ・プライス)で済ませる若者たちの指向は、夜遊びにも反映されているのだった。

(カワノアユミ)

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画