芸能

マツコ・デラックスが「一生戦う!」原由子にも突っ込まれた「横浜嫌い」の発端

「気をつけなきゃなって思ったのはさ、原由子さんに『横浜お嫌いなんですよね』って言われて。今までで一番怖いよ。(原由子に)言われるなんて」

 こう明かしたのは、10月17日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)に出演したマツコ・デラックスである。

「マツコが同番組で、テレビなどでの自分の発言が視聴者に真に受けられる恐ろしさを語る場面があり、そこでこのミュージシャンの原由子の名前が飛び出したんです。原は18日、『マツコの知らない世界』(TBS系)に出演。12年ぶりのバラエティ番組の登場で鎌倉・湘南の魅力を紹介したのですが、そこで原が『言いたいこと』として、自身が『マツコが嫌いな横浜生まれ』であることを挙げ、マツコを慌てさせていました。『5時に夢中!』での話は、この収録でのことを言っているのでしょう」(テレビウオッチャー)

 ただ、原に対しマツコは、横浜でも中心市街地で原が生まれ育った関内や、伊勢佐木町、本牧町などは嫌いではなく、渋谷から神奈川県の中央林間を結ぶ「田園都市線が嫌い」としていた。

「かねてから横浜嫌いを公言しているマツコは、このとき『皆さんが嫌いなんじゃないです。(田園都市線の)線路が嫌いなんです』としていましたが、過去には『横浜の人ってすごい高圧的に上から目線で語る人が多い。それで横浜のイメージって悪くなってる』などと、やはり横浜住人の人柄が気に食わないことを語っていました。そのマツコは千葉県出身ですが、『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で、かつて横浜の住人から『朝東京に出るのに何で千葉の地名が書いてある電車に乗らなきゃいけないの?』と、神奈川県の久里浜駅から東京を経由し千葉駅を結ぶ横須賀・総武快速線を巡ってマウントを取られたことに激怒したことを明かしており、『それからよ、一生横浜と戦うって決めたの』とまで言い放っているんです」(前出・エンタメ誌ライター)

 マツコにとっては横浜住民のプライドの高さが癇に障るというわけだが、ジョークとはいえここまで吠えていれば、温厚そうな原に突っ込まれても仕方ないだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
5
山田邦子「松ちゃんの性格はわかってるんで」/テリー伊藤対談(2)