スポーツ

巨人・小林誠司がビビる大久保博元新コーチの「酷評」と「放出宣告」

 来季から巨人の1軍打撃チーフコーチを務める、大久保博元氏。10月15日にはジャイアンツ球場を訪れ紅白戦を視察し、原監督と今後の指導方針など意見を交わして精力的に動いているが、その大久保新コーチの視線に戦々恐々としているのが、小林誠司捕手だという。

 この日の紅白戦は若手中心だったが、小林も「2番・捕手」でスタメン出場。2打数2安打1打点の活躍を見せ、試合後は「自分も全力で(若い選手に)負けないように頑張ろうと思ってましたし、自分自身やらないといけない」とし、秋季練習の課題についても「もう振るしかないです。練習するしかない」などと危機感を滲ませていた。

「今季の小林は先発マスクをほぼ大城に奪われ、60試合出場で打率は.148。球団野手ワースト2位の40打席連続無安打という不名誉な記録まで作りました。昨季も出場は64試合で、打率は.093。強肩を含めた守備力の評価は高いものの、特に打撃力を求められる巨人では守備固め以外で使いづらい捕手になってしまっています。とはいえ今季のオールスターはプラスワン投票で選出されるほど人気は健在であることから、ここ最近は見合った球団への放出話がくすぶっている状況です」(野球ライター)

 そんな不甲斐ない小林を以前から気にかけていたのが、大久保コーチだった。

「今季が始まる前、大久保は自身のYouTubeチャンネルで、わざわざ1本の動画を丸々割いてまでして『小林誠司選手に必要なもの』と題した動画をアップ。強肩と性格の良さを褒めつつも、打撃面に加え守備面でもインサイドワークの甘さを指摘し、『このままだと巨人軍ではいらない選手になってしまう』と言い切っていました。同時期のスポーツ紙のコラムでも、8番の小林から始まるイニングを例に挙げ『相手捕手が「2アウト!」と言っているぐらい打てなかった』と酷評。結局、今季もその状況に変化はありませんでした。それだけに、大久保コーチ指導のもとで来季結果を出せなければ、いよいよ放出が現実味を帯びる。小林も今から必死にアピールしているということでしょう」(前出・野球ライター)

 16日にはさっそく大久保コーチの打撃指導を受け、フリー打撃では快音を響かせていた小林。問題は結果を残せるかどうかだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?
5
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」