芸能

テリー伊藤対談「柳ゆり菜」(1)初主演映画は脱ぐかどうか確認して…

20140605n

●ゲスト:柳ゆり菜(やなぎ・ゆりな) 1994年生まれ。大阪府出身。グラビアアイドル、女優。09年ダンスコンテストに入賞し、13年に芸能界デビュー。今夏、六本木シネマートにて上映される2部作映画「うわこい」(5月31日公開)&「うわこい2」(6月21日公開)(両作品とも製作・配給/エスピーオー)にて主演女優を務める。特技はダンス。

 愛情より快楽が優先するセックスを覚えた青年が引き起こす、複雑な男女関係を題材にした映画「うわこい」。撮影時、弱冠19歳で本作の主演を務めた柳ゆり菜が登場。性にまつわる難しい演技に挑戦した期待の大型新人の素顔を、天才テリーがまる裸にした!

テリー 「うわこい」っていう映画に主演したんだ。もともとの原作は、エロティックな描写が多い漫画なんだよね。

 そうなんです。

テリー でも、ゆり菜ちゃんは撮影の時はまだ19歳だったんでしょう。どういういきさつで、主演することになったの。

 オーディションに合格して、主役をいただきました。でもオーディション、と聞いた時に「うわこい」のことを調べて、単行本を買って読んだんですよ。そうしたら漫画の内容にかなり衝撃を受けて、挑戦しても本当にいいのかなって思いました。

テリー そうだよねぇ。男女の複雑な三角関係がテーマで「愛情より快楽を覚え、引き返せなくなる男女を描いたラブストーリー」だって聞いてるもん。「愛情より快楽」っていうのがすごいよな。じゃあ事務所に「私、脱ぐんですか」って確認した?

 聞きました(笑)。でももちろん、脱ぐシーンはないことが事前にわかったので、私も頑張りたいと思って、面接を受けさせていただいたんです。

テリー 映画のオーディションって、どういうことをやるの。胸とか見せるの?

 胸は見せてないですね。水着姿で、全身のスタイルを見ていただいて。

テリー そうか、谷間ぐらいは見せないとな。男性経験はあるのかとか聞かれたでしょう。

 それは聞かれなかったです(笑)。

テリー あっ、そうか。聞いているのは、俺だけか(笑)。でも漫画に負けず、映画のストーリーを読むとすごいよねぇ。え~と‥‥「ユキテル(石田知之)は幼少時代にユノ(柳ゆり菜)の家に10年以上居候して、2人は恋仲になった。しかし、ある日ユキテルは美少女・レナ(本山なみ)に引かれて、彼女と肉体関係を持ち、それをきっかけに快楽に目覚め、レナ以外の少女とも肉体関係を重ねていく」‥‥と。じゃあ、ゆり菜ちゃんの濡れ場みたいなものがあるんだ。

 それがないんですよ。

テリー そうなの?

 ユキテルは本命の彼女とはしないんです。

テリー 勃たないってことなの?

 彼女が誘ったとしても、断るんですよ。

テリー それはどうしてよ。

 それがちょっと、映画の謎なところなんですけど。見る人の解釈によって、いろいろ違ったりしますね。

テリー それはユノから見てどうなるの?

 私はキスまではするんですけど、それ以上はどう望んでもユキテルがしてくれない役なんです。ずっと幼なじみで、一緒の家に住んできて、その中で兄妹のような関係が芽生えてしまったから、性的な関係まではいってくれないという。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
「HIKAKINも抜いた」米津玄師、“いったいいくら荒稼ぎ?”とネットで大激論!
4
叶姉妹が男性のシンボル型アクセを公開!ニギニギショットが艶すぎるッ
5
浜崎あゆみ、すっかり「インスタ芸人」状態に「コンサートだけに絞れば?」の声