芸能

テリー伊藤対談「柳ゆり菜」(4)今も姉と2人で寝ている

20140605q

テリー 芸能界にデビューしたきっかけは何だったの?

 オーディションを受けて、そこで特別賞をいただいて、事務所に所属しました。芸能界デビューは、昨年8月の「ヤングマガジン」さんの表紙グラビアで。

テリー 小さい頃は、何になりたかったの?

 女優兼タレントという、両立した人になろうと思っていました。

テリー もともとは、ダンスをずっとやってきたんだってね。どんなダンスなの?

 ヒップホップだったりヒップホップジャズだったり、フリースタイルだったりロックだったり、いろいろできます。

テリー いわゆる、ストリート系のダンスだ。

 10年間やったんですけど、ある時から「やりたいことが、何か違うな」と思い始めて。ダンスは好きなので、それでお仕事をしても楽しいと思うんですけど、自分にとってはどこかもの足りないというか‥‥。それで思い切って、高校を卒業と同時にやめました。

テリー 10年間というと、小学校からだよね。長いね。

 そうですね。当時は「ダンス」といっても、あまり理解されていませんでしたね。「社交ダンス?」とか言われる感じで。今はとても人気が出ていて、学校の授業でもあるぐらいなんです。

テリー じゃあ小学校の時は、もっとダブダブの洋服とか着ていたんだ。

 はい。TシャツはLかLLで、そこにやっぱりすごいダボダボのズボンをはいて。小学生の頃はスカートを1度もはいたことがないくらい、ショートカットで活発な子でした。

テリー だけど少し大人になって、高校を卒業する頃にこれは違うと感じて。

 はい。高校1年生から芸能界の仕事はしたいと思っていたんですけど、その方向性が全然、定まってなかったんです。でも、高校3年間を過ごしていくうちに、自分の中でやりたいことが固まってきたので。

テリー ゆり菜ちゃんのルックスだと、確かに女優さんにも向いてるものね。ダボダボの服のイメージではないよな。ずっと大阪で育ったの?

 そうです。去年の9月に上京してきました。

テリー 全然、大阪弁が出ないんだね。

 気をつけているんです。お芝居でイントネーションが出るといけないので、ふだんから直そうと思って。でも、姉と住んでいるので、2人でいる時は関西弁でしゃべっちゃいますね。

テリー お姉さんは何をしているの?

 姉もモデルやグラビアのアイドルを目指しているんです。一緒に頑張ろうって出てきて、ワンルームに2人で住んでいます。

テリー えっ、ワンルームに2人暮らし?

 はい。セミダブルのベッドに2人で寝ているので、いつも肩がこるんですよ。

テリー 御飯はふだん、どうしてるの。

 自炊です。

テリー お姉ちゃんが作ってくれるの?

 2人で作ります。

テリー でも、2人暮らしじゃあ彼氏は呼べないな。

 そうですね。私は特にそういう予定もないんですけど(笑)。

テリー お仕事では、すごい恋愛模様を経験したもんな(笑)。じゃあ今回の主演はいい経験だった?

 はい。映像のお仕事をするのも、初めてに近い状態で、最初はほんとに探り探りでした。でも、周りの方がいろいろ教えてくださって、自分でも感じ取ることができた部分がありました。

テリー これからの目標は?

 毎日テレビで、顔を見ていただけるぐらいになりたいですね、タレントや女優として。柳ゆり菜という個性を、しっかり出していけるように、自分磨きをしていきたいです。

◆テリーからひと言

 ストリートダンスは卒業して、今度はセクシーなポールダンスはどう? 元気な性格と運動神経を生かして、アクション女優をやるのもいいかもね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」